自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

本物のケバブを食べに、トルコ・イスタンブール1週間滞在

オスマントルコ帝国の首都:イスタンブール

f:id:jpthingmr:20180314232524j:plain

 

以前からいつか行ってみたいと思っていた、トルコ・イスタンブールに旅行で一週間行ってきました。

 

f:id:jpthingmr:20180314232337j:plain

 

 

このイスタンブールは歴史がとても深く、自分が好きな世界史や、塩野七生さんの
本で度々登場してくる、主要な都市でもあり、いつか訪れたいと思っていました。

 

f:id:jpthingmr:20180314232502j:plain

 

3月の初旬が学校の春休みが1週間あったので、この間に行ってきました。

パリから飛行機で約4時間。

 

f:id:jpthingmr:20180314232331j:plain

 

あまり知られていないかもしれませんが、世界三大料理の中華、フランス料理は多くの人に知られているものの、トルコ料理が3番目として存在しているんです。

 

f:id:jpthingmr:20180314232520j:plain

 

パリに住んでいるとトルコと言えば、ケバブ

物価の高いパリでもボリュームがあり、安いケバブは学生の味方であり、

良く多用していますが、それ以外の料理は良くわからないので、実際のトルコ料理
どんなものかという興味もあり、イスタンブール滞在中は、一週間毎日欠かさずトルコ料理食べました。

 

f:id:jpthingmr:20180314232333j:plain

 

 

このイスタンブール、来てみると多くの女性がヒジャブを被っており(イスラム教の衣装)、そして定期的に流れるコーランの曲、実はイスラム教の国なんです。

 

f:id:jpthingmr:20180314232356j:plain



僕自身は、トルコをイスラム教の国というイメージをあまり持っていなかったので、

少し驚きでもありました。イスラム教の国を以前にモロッコ、エジプトと訪れたのですが、そういった国よりも緩い感じの国ではあります。

なぜなら結構あちこちでアルコールが売っていました。

 

f:id:jpthingmr:20180314232330j:plain

 

これは歴史的な背景から、寛容なのか良くわかりませんが、皮膚感覚でも
他宗教に寛容な感じはしました。

 

初日は、夕方に到着し主要な観光スポットのブールーモスクを外側からぐるりと眺め、
夕食を食べることに。時間も遅く結構店が閉まっていたので、ケバブチェーン店の
お店へ行き、本物のケバブの味をチェックしたろうと、入店。

 

f:id:jpthingmr:20180314232421j:plain

 

頼んでも、一向に来ない、忘れたのだろうか、最終的に他の客もいなくなり、

頼んで20分ほど、ようやく到着しトルコ初ケバブ、一口目を食べると、アレと?

なんだか、味が薄く、期待したものと違う、おかしいな〜と思っていたのですが、

入店した時の他の人たちは、ケチャップやマヨネーズなど多用していたのを、
思い出し、それらを加えると、うまい!

 

Beforeケチャップ、Afterケチャップと全然味が異なり、本場のケバブ旨しでした。

エスが誕生したことで、年代の呼び名がB.CからA.Dへと変わったかのように、インパクトが大きく変わりました。

 

f:id:jpthingmr:20180314232331j:plain

 

こうしてイスタンブールの1日目を終えました。
写真はイスタンブール滞在中に撮ったもので、文書とは関連性あまりないです。
あしからず。