自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリも秋到来:ブーロニュの森散策

秋の到来をブーロニュの森から

f:id:jpthingmr:20171029035444j:plain

 

10月ともなり、朝7時前に起きると、外は真っ暗であり、いったい今は何時だと思ってしまうような、外の薄暗さ。

 

夏は、毎日のように晴れることが当たり前で、日差しが強すぎるなんて思っていたのも懐かしき日々。

 

 

f:id:jpthingmr:20171029032144j:plain

 

今は、天気はほとんどが曇りなのがスタンダート。

晴れる日なんて、なんだかとても幸せな気分になってしまう、それがパリの秋

 

さて、日本でも秋になると紅葉のシーズンとなり、樹々の色が赤くなり美しい色を発色し出す時期ともなり、休日ともなれば紅葉狩りを行うのが秋の行事なのかもしれないが、パリでも樹々は秋到来に合わせて、紅葉していたのである。

 

f:id:jpthingmr:20171029040547j:plain

 

パリの中心では、いまいち紅葉感が感じられないものの、ブーロニュの森ともなれば、自然がたくさんあり秋を感じられる。

 

そしてこのブーロニュの森は、なんとも怪しげな雰囲気を醸し出しており、写真を撮る上では、魅力的なのである。

 

f:id:jpthingmr:20171029040226j:plain

 

このブーロニュの森は、以前はかつては強盗や野盗が住んでおり、さらには

以前はこの森は一大売春地帯として有名だったよう。

 

f:id:jpthingmr:20171029035228j:plain


 

そして、今でも娼婦と呼ばれる人がおり、以前も車でこの辺りを通った時に、

なぜか女の人が道にポツンと立っており、その時はなぜだろうと思っていたが、

後で納得。

 

f:id:jpthingmr:20171029035401j:plain

 

そして、実際に写真を撮っている時も、女の人が立っていた。

写真とは不思議なもので、その場所が綺麗すぎる場所よりも、

社会的な問題、なんらかの雰囲気の悪そうな場所の方が、

魅力的な写真を撮ることができ、人から見てもいい写真と思われる要素が

あるよう。

 

f:id:jpthingmr:20171029035835j:plain

 

 

パリの東にも同じように森があるものの、

自分にはブーロニュの森が魅力的に写ってしまう。

 

f:id:jpthingmr:20171029041143j:plain

 

f:id:jpthingmr:20171029035650j:plain


 また写真を撮りに来よう。とにかく、パリも秋となった。

そして、明日はサマータイムが終わり、日本との時差が8時間となる。