自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

マラケッシュから車で一時間の距離にある渓谷へと訪れ、その帰りにタジンの器をどかもりに見た

マラケッシュの乾燥し、北アフリカを思わせる場所から一転、しばらく車で移動することで変化する景色

f:id:jpthingmr:20170805043145j:plain

 マラケッシュの街の主要な観光地を一巡した後には、遠方へ出かけることで更なる刺激

となるものが待ち構えています。

いくつかの旅行会社が、マラケッシュを起点として、旅のプランを計画しています。

 

私は、そこまで遠くにわざわざ行くまでの、モチベーションが無かったので、マラケッシュから車で約1時間半の場所にある観光地、ウーリカ渓谷という場所へと向かいました。

 

f:id:jpthingmr:20170805042032j:plain

 この辺りは、マラケッシュとは異なり、山が連なっており、自然がいっぱいであり、以前から暮らしているベルベル人が住んでいる、中心となって暮らしている地域だとのことです。

ロッコの大半がベルベル人だそうでして、あのサッカーで有名なフランス代表のジダンベルベル人だとのことです。

ベルベル人 - Wikipedia

 

 

f:id:jpthingmr:20170805042128j:plain

 マラケッシュとは、打って変わり自然が豊かに存在しており、日本とは異なる生態系であり、結構面白かったです。

 

f:id:jpthingmr:20170805042211j:plain

ベルベル人の住まいを訪れましたが、未だにこの建物でお風呂的なものに入っており、日本人には信じられないような、かなり戦前いや、戦国時代のような暮らしをしている様子でした。

 

f:id:jpthingmr:20170805042256j:plain

 

ロッコは砂漠が多く、日本とは異なり、水自体も貴重な資源と言っていいと思います。

 

マラケッシュでは、川すら見たことも無かったのですが、この場所では存分に川が流れており、多くの人が休日に、訪れるようです。

f:id:jpthingmr:20170805042409j:plain

日本では、こんな自然当たり前かもしれないのですが、ここではまさに貴重であり、パワースポットのようです。

 

f:id:jpthingmr:20170805042502j:plain

 

目的地へ一時間ほどかけて到着。ここは訪れた方がいいと聞いたので、行ってみたら、ただの川ではないか!

 

f:id:jpthingmr:20170805042546j:plain

そして、今日もまたタジン料理。それにしてもモッロコはタジン料理以外ないのだろうか、さすがに毎日タジンばかり食べていると、飽きてくるし、なんだかまたかとなってしまう。

 

f:id:jpthingmr:20170805042628j:plain

f:id:jpthingmr:20170805042946j:plain

こんか感じで、日本だとあるあるの地方の風景かもしれません。

 

f:id:jpthingmr:20170805043145j:plain

川ぞいに店が出店してあり、ここで昼食を食べながら、川を眺めるというコンセプト。

 

f:id:jpthingmr:20170805043811j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170805043846j:plain

地元の人は、この装置を用いて、食料を得ていると言っていたような、フランス語で説明されたので、いまいち不明確でしたが。

 

f:id:jpthingmr:20170805043923j:plain

f:id:jpthingmr:20170805044139j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170805044311j:plain

この辺りは、地層が赤土で構成されており、こんな感じです。

 

そして、しばらく自然を楽しんだ後に、マラケッシュへと戻ることにしました。

その途中へ立ち寄ったのが、タジン用の器を作っている、工房へと訪れ、、

 

f:id:jpthingmr:20170805044355j:plain

家の外にも、これでもかというぐらい、ありましたよ、タジンが。

 

f:id:jpthingmr:20170805044500j:plain

目が、目がーという感じでしょうか、タジンの山。

f:id:jpthingmr:20170805044555j:plain

マラケッシュの至る所のお店でタジンの器を売っていましたが、この辺りで作って、そこから売り出しに入っているのだということが、なんだかわかりました。

 

f:id:jpthingmr:20170805044650j:plain

これがタジンの器を作っている風景。

f:id:jpthingmr:20170805044751j:plain

もう一面のタジンの器。一面のタジンの器。

 

そんな感じで、マラケッシュから少し離れた渓谷へとプチ旅行しました。