自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

イスラエルの観光地エイラト〜エルサレムへと巡礼ではない旅行しました。

f:id:jpthingmr:20170711040529j:plain

ヨルダンの紅海に面したアカバから国境を越えて、イスラエルの紅海に面した街

エイラトへとイスラエルへ入国。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エイラート

 イスラエルへの入国は厳しいと聞いていましたが、特に

問題もなく入国することができました。

 

 

国によって本当に経済力が違うのだなということが、エイラトで感じました。

まるでここはモナコかというほど、街が高級感に包まれており、バカンスの

街という雰囲気でした。

f:id:jpthingmr:20170711040722j:plain

写真は疲れており、あまり取ることはできませんでしたが、

豊かな街でした。

 

 

 

そこでしらばくビーチでのんびりした後に、イスラエルのメインでもある

エルサレムへとバスで向かいました。

 

エルサレムへ到着したのは、深夜でした。

しかしながら、街には多くの人々がお酒を飲みながら楽しんでおり、

ここはどこだ?

 

東京か?と思わせるような活気でした。

 

さて、翌日のエルサレム

 

f:id:jpthingmr:20170711041537j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711041518j:plain

 

 

宗教の聖地とも言える場所なのに、なんだか都会ちっくというか、

思い描いたエルサレムと全然違う。。

 

f:id:jpthingmr:20170711041418j:plain

 

しかし、そこは新市街ともあり割と新しいものがたくさんあるような場所。

しばらく歩くと、このように旧市街の周りをかっこている壁があり、

ここからが旧市街。

 

f:id:jpthingmr:20170711041401j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711041240j:plain

 

まずは訪れた良いと書かれていた、ダビデの塔を訪れました。

この建物は、紀元前20年にヘロデ王が城を守る城壁として作られたそうです。

 

今では、エルサレムの歴史を示す博物館となっています。

ここから見るエルサレムの景色は美しく、眺めを見るために登るのも素敵です。

 

http://www.cool-world.net/Israel/spot1/120/

 

 

f:id:jpthingmr:20170711041441j:plain

これが塔からの新市街方面の景色。

 

f:id:jpthingmr:20170711041655j:plain

こちらがダビデの塔の建物内。

 

f:id:jpthingmr:20170711165936j:plain

 

新市街の別の角度。こんな景色です。

 

f:id:jpthingmr:20170711165939j:plain

 

街は新しい建物と古い建物が一緒に混じっています。

 

f:id:jpthingmr:20170711170054j:plain

 

これが旧市街側の景色。金色の玉ねぎ色が、イスラム教の聖地でもあり、

以前はユダヤエルサレム神殿があった場所です。

そして左側に位置している塔のあたりに、聖墳墓教会があります。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711165815j:plain

 

これがイスラエルの国旗。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711165918j:plain

 

ネットなどでユダヤ人は実は日本人の祖先ではなど、囁かれていますが、

そのうちの一つの菊の紋章が使われているのも、理由に挙げられていますが、

バッチリとありました。

 

個人的には、実は日本人がユダヤ人とも繋がっていたという方が、

ロマンがあって面白いですね!

 

そして、なんとなくユダヤ人に親近感も。