自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

ヨルダンのペトラに次ぐ遺跡のある街ジュラシュへ訪れてみた。

f:id:jpthingmr:20170604210035j:plain

 

さて、ヨルダンに入国。

 

アメリカ人主体のツアーバスに乗り、まず向かった場所はジュラシュと呼ばれる、

ヨルダンの一番の観光地のペトラ遺跡に次ぐ、2番目に大きな遺跡がある

場所へと向かいました。

 

 

ジャラシュ - Wikipedia

 

前日からわかっていたものの、やはりヨルダンは暑く、

バスから降りたものの日差しがとてつもなく強く、長時間いると

間違いなく日射病になるほどでした。

 

f:id:jpthingmr:20170604205954j:plain

 

これはまずいと、あまりの暑さに、遺跡でものを売っている人に、

5ユーロで帽子を購入。

 

それにしても、ここに来て初めてジュラシュのことを知ったのですが、

かなり大規模な遺跡群であり、よくこれほどのものが残っていたなというのが、

率直な感想でした。

 

f:id:jpthingmr:20170604210056j:plain

 

今は人が住んでいないですが、2000年前に建てられたもののらしく、

当時は街が賑わっていたようです。

 

f:id:jpthingmr:20170604210111j:plain

 

 

 

f:id:jpthingmr:20170604210049j:plain

 

これほどの大きさのものは、ナポリポンペイを思い出させるぐらいの大きさでした。

 

f:id:jpthingmr:20170603225835j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170604210203j:plain

 

この広場は、集会が行われていた場所のようです。

この大きさから、当時の街の人口を推測したとかなんとか、ガイドの人が

英語で説明していました。

 

英語なので詳しくはわかりませんでしたが。。

 

 

f:id:jpthingmr:20170603225844j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170603225218j:plain

 

この人は後から来て、なぜか私たちと一緒についてきましたが、謎です。

 

f:id:jpthingmr:20170603225116j:plain

 

暑い中、どうにかこの階段を登り、最後にみんなで記念写真!

 

f:id:jpthingmr:20170603224903j:plain

帽子、水は必須です。本当に最後の方はくらくらしていました。

 

昼食はどこで食べるのかと思っていたら、ガイドの人がこの遺跡の近場の

お店でファラフェルとフムスのサンドイッチを人数分購入し、

昼食を食べながら、次の目的地へと向かいました。

 

 

冷房の効いたバス内は最高ですね。