自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

ポンペイの街を歩いていると、当時のローマ人も、今の自分たちと何も変わらないとわかる〜その16〜

f:id:jpthingmr:20170115010326j:plain

 

ローマ時代にそのままタイムスリップしたかのような街、ポンペイ

 ポンペイの入り口から街へと入門。

f:id:jpthingmr:20170114052532j:plain

 家と家との敷居の壁が残っており、当時このポンペイには最大2万人が

住んでいたと言われており、立派な都市と言えるでしょう。

 

 

f:id:jpthingmr:20170114051952j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170114052627j:plain

広場には、巨大な像がいくつもそびえており、当時のアートもしくは、宗教的な

建造物かと興味を抱かせられました。

 

しかし、説明文も読むと、最近のアートを置いてるらしい。。

実に紛らわしい。。

f:id:jpthingmr:20170114052730j:plain

 

こちらの銅像たちも、現代アート。個人的には置かないでいいから、

当時のままの状態を見たいのに・・と思ってしまいます。

 

f:id:jpthingmr:20170114052428j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170114052327j:plain

 

このように、箇所によっては、しっかりとした着色した壁画が残っていました。

 

f:id:jpthingmr:20170114052128j:plain

 

歩いていると、なんだかこの廃墟の感じが、エジプトのルクソール

旅した時と同様の感覚に。

 

なんだか似ている、街を歩くことで、当時の生活を少し疑似体験ができるような、

しかし目の前には、既に失われてしまった時が、同時に内在しているという

不思議な感覚・・

 

 

f:id:jpthingmr:20170114052834j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170114052948j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170114053026j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170114051757j:plain

 

この写真は、どう考えても人の姿。

 

当時、突然の噴火から逃げ遅れてしまい、亡くなった人・・

 

f:id:jpthingmr:20170114052200j:plain

 

本当に、綺麗な保存状態の劇場。

当時は、多くの人がここに集まり、劇を楽しんでいたのでしょう。

 

f:id:jpthingmr:20170114052915j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170114052807j:plain

街の向こうにあるのが、ヴェスヴィオ山。

 

現在は、静かに佇んでいる。

 

ポンペイの街は、迷路のように建物があり、時間の関係上全部を見ることが

できませんでした。

 

しかし、来て良かったなと。そんな感想が自然と出て来ます。

 

本日のホテルは、ポンペイ近くのソレントに予約をしていたので、

街を出ることにしました。

 

 

車でソレントへと向かっていると、天気が悪くなり雨が降ってきました。

しかも、だんだんと風が強くなり、ホテルの部屋に入った時には、

台風がもう少しでやってくるなと思うような強風。

 

その日は、近場のイタリアンレストランで食事をし、就寝。