読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

これがポンペイという街なのか!アマルフィーから車で来たから感動もあるかな〜その15〜

f:id:jpthingmr:20170113064122j:plain

 

アマルフィーで本当は一週間ほど、ゆっくりと滞在したい気持ちは山々でしたが、

やはり日本人らしく、行けるとことは詰め込んでいくということで、

アマルフィーを離れ、世界遺産として有名なポンペイへと向かうことにしました。

 

f:id:jpthingmr:20170114051636j:plain

イタリアの朝ごはんは、質素ですが、ハムは当然のごとく美味しく、フルーツも

美味しいんですよね。あまり知られていないかもしれませんが。

 

 

f:id:jpthingmr:20170114051751j:plain

宿泊していた場所が、高台に位置していましたが、持ってきた荷物は、こんな風に

運ばれました。なんかほのぼのしますねー

 

 

f:id:jpthingmr:20170113064253j:plain

 

アマルフィーからポンペイへと向かう途中で、これまた有名なポジターノ

通過する必要があります。このポジターノ、名前は知らないかもしれませんが、

写真は有名かもしれません。

f:id:jpthingmr:20170114051805j:plain

どうでしょうか?一度はみたことがあるのではないでしょうか?

 

f:id:jpthingmr:20170114052039j:plain

 

さらに近づき写真をパシャり。と思ったけれども、あまり距離は変わらず。

f:id:jpthingmr:20170114051713j:plain

この地域の焼き物は、カラフルな色合いで、見ていると元気が出てきます。

 

アマルフィーの道路は、どこも海沿いに道があり、山道となっており、運転

大変なんです。向こうからバスが来てしまうと、場所によってはどちらかが

譲り合わなければならないほどの、道幅です。

 

長い長い山道を運転し続けると、やっと大きな道へと出ることができ、安心

して運転ができました。

 

しばらく運転すると、ポンペイへと到着。

昼食どきとなったので、ポンペイ近くと思われるイタリアンで食事を

取り、ついでに駐車もできるようなので、車を駐車。

 

f:id:jpthingmr:20170114051800j:plain

 

このポンペイという街は、ローマ時代の生活していた様子が、

保存状態の良い状態で見ることができ、ローマ帝国好きの私は、

是非にでも行ってみたいと思っていた場所でした。

 

数年前にも、ポンペイというタイトルの映画も上映されていました。

ポンペイ (映画) - Wikipedia

 

 

f:id:jpthingmr:20170115010326j:plain

 

入場料金を払い、いざポンペイへと入ってみると、さっそくローマ時代の

建物が、どかーんと見えました。改めてこれは街であり、ここで生活していたんだ

ということが、これまでのローマ遺跡に比べると、

より鮮明に想像することができます。

 

f:id:jpthingmr:20170114052532j:plain

 

箇所によっては、未だに当時の壁画の色が残っており、色鮮やかな場所もありました。

なぜ、これだけ保存状態が良いのか?

 

ある記事では、火山灰にこのポンペイが覆われており、火山灰に含まれている

シリカゲルのおかげで、保存状態が良かったと述べられていました。

 

ポンペイ続きは、次のブログにて。