自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

ヴァチカン市国から、ローマ教皇及びキリスト、ローマ帝国との関係性を考えることがない旅〜その10〜

f:id:jpthingmr:20170111071544j:plain

 

ローマ滞在3日目。

 

バチカン市国へと行くことに、このバチカン市国は本当に小さく、

ローマの一つの地区といってもいいだろう。

 

さて、バチカン市国へは、1日乗車券のバスを使って、最寄りのバス停で停車。

そこから徒歩で歩き、バチカン市国へと入国する。

 

f:id:jpthingmr:20170110071428j:plain

 

 その途中に渡った橋から見える有名なテベレ川。どこの都市でもといっていいほど、

川がセットになっており、ローマはこのテベレ川とともに発展し、歴史を

刻んでいったんですね。

 

f:id:jpthingmr:20170110071525j:plain

 

 テベレ川を渡ると、こちらも有名な観光スポットのハドリアヌス霊廟。

 

さらに左折し、まっすぐ歩いてくると見えてきました。

f:id:jpthingmr:20170110071656j:plain

 

バチカン市国です。あまりに小さいので国境も特になく、観光客が大勢歩いていました。

 

 

f:id:jpthingmr:20170110071753j:plain

 

いつのまにやらバチカン市国へ入国。

 

f:id:jpthingmr:20170110071837j:plain

 バチカン市国の中にあるバチカン美術館へと入るためには、この城壁の外側を

歩き、入口へと行く必要があります。

 

このバチカン美術館へは多くの観光客が訪れるため、多数の行列ができています。

ファストバスのようなものをお金を払うことで、行列をシュートカットして入ることができますし、買ったほうが待ち時間が少なくトータル的にお得ではないかと思います。

 

f:id:jpthingmr:20170110071928j:plain

 

さて、バチカン美術館の中へと入ることに成功。

この通路にこれまでのローマ法王が集めてきた美術品の数々が

ずらりと展示されております。

f:id:jpthingmr:20170110072125j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170110072030j:plain

 

こんな感じで大勢の観光客が美術館内にいます。

 

f:id:jpthingmr:20170110072228j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170110072332j:plain

f:id:jpthingmr:20170110072430j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170110072526j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170110072619j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170110072719j:plain

本当に多数のコレクションがあり、圧巻です。ローマ法王の権力と富の力見せつけられました。

 

その後、バチカン美術館を出た後に、すぐ近くにあるサン・ピエトロ寺院へと向かいました。

f:id:jpthingmr:20170111072019j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170111072222j:plain

f:id:jpthingmr:20170111072355j:plain

f:id:jpthingmr:20170111072446j:plain

f:id:jpthingmr:20170111072549j:plain

 

 この寺院の中にも多数の芸術品がありましたが、もうお腹いっぱいでした。

十分、満足です。

そして寺院を出て、広場へと。

 

f:id:jpthingmr:20170111072634j:plain

 

 そして、バチカン衣装の警察?が、このコスチュームおしゃれですね。

f:id:jpthingmr:20170111071544j:plain

バチカン市国、見るところはたくさんあるのですが、美味しそうなレストランは

見当たらず、少し遅めの昼食を食べにローマ市内へと戻りました。

 

これがバチカン市国なのかと、実際に目で見ることができ満足でした。

改めて、ここは一度は訪れるべき場所だなと、訪れて思う次第であります。