読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

あ〜これがローマという都市なんだな、行ってみて、観光してわかったローマという街〜その8〜

f:id:jpthingmr:20170109002635j:plain

ローマ到着翌日。

 

早速ローマの周遊バスのチケットを購入。

ローマの11月初旬は、結構寒いです。

 

観光のシーズンベストではないので、結構2階立てのバスの屋根なしは、

ブルブル震えます。

 

テルミニ駅近くから乗り、バスでしばらくローマを観光しましたが、

いたるところにローマ時代の遺跡があり、歴史ある街ということがわかります。

 

日本でいうと、京都を見ているよう感じしょうか。

いたるところに歴史的な建造物がありますね。

f:id:jpthingmr:20170108235922j:plain

 

その中でも、これは凄いなと思ったので、パスから降りました。

上の写真は、降りた場所から見た景色です。

 

 

圧倒的な存在感、これまで積み重ねてきた年月を如実に表しています。

f:id:jpthingmr:20170109000120j:plain

 

以前は、大理石で外側が覆われていたようですが、人々に盗まれてしまい、

今のような姿になったようです。ピラミッドと同様の運命を辿ってしまいますね。

 

f:id:jpthingmr:20170109000023j:plain

 

とりあえず、記念写真。

 

 

f:id:jpthingmr:20170109000214j:plain

 

これは、以前水を流すための建造物跡らしです。

 

f:id:jpthingmr:20170109000325j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109000438j:plain

 

バスから見えた建物の裏側の写真です。

 

f:id:jpthingmr:20170109000545j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109000653j:plain

f:id:jpthingmr:20170109000810j:plain

 

このあたり一帯が、パラティーノの丘と言われ、ローマ時代に富裕層が住んでいた

場所です。

 

 

f:id:jpthingmr:20170109000916j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109001020j:plain

ラティーノの丘から見た、ローマの景色。

 

いろいろな時代の建物が乱雑に立ち並んでおり、カオスの状態とも言えます。

 

f:id:jpthingmr:20170109001101j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170109001145j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109001245j:plain

 

こちらがパラティーノの丘から見える、フォロ・ロマーノ

 

塩野七生の本で、何度も出てきた場所です。

それにしても、まーローマ時代の建物がめちゃくちゃあるなと。

 

あまりに多くて、だんだん感動が薄れてしまいます。。

ルーブル美術館をしばらく眺めていると、あまりに作品が多く、

終盤はどうでもよくなってくるような感じですね。

 

ここは、ローマのルーブル美術館といった感じでしょうか。

f:id:jpthingmr:20170109001336j:plain

f:id:jpthingmr:20170109001523j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109001655j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170109001736j:plain

 

それにしても、このような強固に作られた建物が、紀元前に建設されており、

ここからヨーロッパを中心に支配してきたローマ帝国

 

改めて、ローマ帝国の凄さが実感できます。

f:id:jpthingmr:20170109001830j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109001830j:plain

f:id:jpthingmr:20170109001928j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170109002146j:plain