読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

イギリスのマイナーなソールズベリーへ行き、その後フォークストーンでカレーを食べた

f:id:jpthingmr:20161009060358j:plain

 

前回の記事で書いた、ストーンヘッジを見ることができたので、

後はストーンヘッジ近くの街を観光することぐらいでした。

 

ストーンヘッジから、南へと下り、ソールズベリーと呼ばれる街があります。

この街は、イギリスの中世の街並みが残っており、街の中心に位置する教会

が有名です。

 

この教会の高さは、イギリスで一番の高さを誇るようです。

 

そこで街まで車で行き、街の観光を行いました。

土曜の夕方であるにもかかわらず、なんだか街はとても静かでした。

 

さて、教会へと。

 

その日はなんと、教会に無料で入れる日のようでしたので、

本当にラッキーでした。通常は10ポンド以上取られますから、ラッキーです。

f:id:jpthingmr:20161009060424j:plain

 

それにしても、この教会はこれまで数々教会を見た中でも、

外見、教会の中身といいとても美しいです。

 

f:id:jpthingmr:20161009060623j:plain

 

教会内では、芸術作品も置いてあり、作品を見ることも可能です。

 

f:id:jpthingmr:20161009060451j:plain

f:id:jpthingmr:20161009060514j:plain

 

そして、教会の中庭もこのように美しく、全体が統一された美となり、

存在していました。

f:id:jpthingmr:20161009060416j:plain

 

f:id:jpthingmr:20161009060615j:plain

 

街を歩くと、イギリスの美しい家が並んでおり、歴史を感じさせる街でした。

 

街にはホテルが少なかったので、街の郊外のホテルに宿泊しましたが、

このホテルも綺麗な内装で、夕食はこのホテルの中にあるレストランで

食事をしました。

 

f:id:jpthingmr:20161009060427j:plain

 

 

イギリスの料理はまずいというイメージがあるかもしれませんが、

決してそんなことはありません。

 

美味しいお店は美味しいです。

 

f:id:jpthingmr:20161009060542j:plain

 

 

 

f:id:jpthingmr:20161009060625j:plain

 

f:id:jpthingmr:20161009060621j:plain

 

翌日になると、天気は快晴でした。

フランスに戻らなければならないので、ホテルで朝食を食べたのち、

車を東へ東へと走らせ、ユーロトンネルのあるフォークストーンへと向かいました。

 

帰りの電車時間より早く着いてしまったため、フォークストーンの街で

昼食を取ることにしました。

f:id:jpthingmr:20161009060712j:plain

 

しかし、この街超ローカルな田舎町であり、観光客はほぼゼロです。

日曜でもあり、お店はあまり開いていませんでしたが、開いているレストランが

あったので、そのレストランで食事をしました。

 

 

お店に入ると、全員地元の人しかおらず、完全に浮いていました。

 

f:id:jpthingmr:20161009060728j:plain

 

しかし、このような観光客が来ないようなところに行けるのは、

車で旅行する特権とも言えます。

 

f:id:jpthingmr:20161009060644j:plain

 

 

 

 

f:id:jpthingmr:20161009060723j:plain

 

ここでイギリス名物のフィッシュ&チップスと、そしてカレーを頼みました。

フィッシュ&チップスはこれまで食べた中で一番美味しかったです。

 

そして、カレーはほぼほぼ日本で出されるような味のカレーで驚きでした。

 

その後、無事ユーロトンネルを渡り、フランスへと上陸。

 

 

車で約四時間運転し、無事にパリに戻ることができました。