自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

フランスから車でイギリス最大の巡礼地カンタビレーに向かいう巡礼の旅

フランスからイギリスへ入国し、早速昼食を食べることに。

その国を知るには、その国の食事をすることが一番わかりますね。

 

f:id:jpthingmr:20160916035530j:plain

  

車を運転していると、素敵なレストランを見つけ、あまりに素敵そうだったので、

来た道を引き返し、そのレストランで昼食をとることに。

 

f:id:jpthingmr:20160916035600j:plain

 

このレストランの見た目がいかにも、イギリスの田舎のレストランの

外観、雰囲気を漂わせていました。フランスに比べて建物の高さが小さく、

この一帯に住んでいる人は、身長が低いのではないかと疑うほどでした。

庭にはお花が飾ってあり、しっかりと手入れした花が植えてあり、花がきれいでした。

 

 

 

レストランのお勧めを説明をしてもらいましたが、英語なのに

何を言っているのはわかりずらい。もともとイギリス英語はわかりずらいと

以前から思っていたのですが、さらに訛りも加わって、余計にわからない。

 

 

ステーキが食べたいなと、ステーキを頼み、本当はお酒が飲みたかった

のですが、運転中でしたので、イギリスの紅茶を飲むことに。

 

 

それにしても本場と言われるものはやはり美味しい、ステーキも美味しく、

何よりも紅茶が美味しい。不思議なもので、他の国で飲んでもほとんど変わらない

はずなのに、本場というパワーが加わるのか美味しい。

 

 

イギリスは一品一品の量がフランスより多く、満腹になってしまいました。

レストランの外の景色が、のどかで食べ物の消化がてら散歩。

少し離れた丘に、羊たちの群れがいたので、その羊たちを見た後、

再びレストランでデザートを頼むことに。

 

f:id:jpthingmr:20160916034441j:plain

 

 

 

 

この後の予定は、イギリス最大の巡礼地カンタービレへ向かい予定でしたが、

疲れたので、事前に予約していたイギリスのドーバー海峡沿いのホテルへと

向かうことにしました。

 

f:id:jpthingmr:20160923211445j:plain

 

運転中に雨が降っていたためか、海の色が少し茶色になっていました。

しかしながら、さらに水平線に目を向けると、海の色が綺麗な青色となっており、

本来は綺麗な青色の海だということがわかります。

 

 

街自体は、そこまで大きくないものの、海水浴場があることから、

イギリス人のバカンスで滞在する場所であるようです。

 

日本人には当然馴染みのないことから、アジア人すら街で見かけることも

なかったです。

 

 

運転も終えたので、まずは飲む。

 

f:id:jpthingmr:20160923211603j:plain

 

この辺りは、シードルが有名だそうです。フランスでも北に行くと気候の

関係からワインの代わりに、シードルが作られています。

イギリスの南部も気候は、フランスの北部と同じような気候なのでしょうね。

 

f:id:jpthingmr:20160923211405j:plain

 

街自体はのどかであり、宿泊したホテルの目の前が、だっだ広い海であることから、

気持ちが穏やかな気持ちになり、のんびりするには最適でした。

 

f:id:jpthingmr:20160923211632j:plain

 

翌朝の海は快晴であり、浜辺近辺の海の入りもエメラルドグリーンと

なっており、これが本来のこの海の色だなと納得。

 

f:id:jpthingmr:20160923211622j:plain

 

f:id:jpthingmr:20160923212528j:plain

 

今回の旅は1泊2日のイギリス旅行なので、今回の目的地でもある

カンタービレへと向かうことにしました。

 

 

 

続きは次のブログで。