自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

フランスからイギリスへ車で旅行するのも一興であり、実行してみた

f:id:jpthingmr:20160916034441j:plain

 

Google Mapからフランスとイギリスを見てみると、

ドーバー海峡により、国が隔てられています。

 

現在、ユーロスターにより鉄道に行けるようにもなり、人の往来は

以前に比べて格段に簡単になりました。

 

 

私は今回の旅で、イギリスは2回目となり、1回目はフランス・パリの

北駅からTGVでロンドンへ行きました。

今回は、車でフランスからイギリスへ行こうと旅行を企てました。

 

フランスからイギリスに車で行くには、フランスの西側に位置する

カレから、ユーロトンネルで乗り込み、イギリスの南東のフォークストーン

からイギリスへ入国できます。

 

車でカレに向かい、街に近づくとイギリスへ向かう標識が出ており、

その指示に従い運転をし続けると、高速道路の改札口のようなものがありました。

 

ユーロトンネルは、当日券も購入は可能ですが、値段が高いようです。

私は事前にインターネットで購入しており、その時にクレジットカード

番号も打ち込みましたが、その時に打ち込んだクレジットカードが

入場券の代わりになります。

 

 

クレジットカードを入れると、入場券が出てきて、そこに何時出発、

何レーンといった情報が書かれた紙を手に入れます。

そして、その紙を車のミラーにつけます。

 

その後、パスポートチェックなどされ、いよいよ出発です。

 

f:id:jpthingmr:20160916035512j:plain

 

このユーロトンネルは、車でトンネルを通るのではなく、

車が入った電車でトンネルを通ります。

 

その為、指定の時間になると車ごと電車に乗り込みます。

しばらくすると、発車しました。

 

10分も経過しないうちに、外も暗くなりトンネルに突入。

移動時間は35分ほどであり、しばらくするとトンネルを抜け、

イギリスに到着です。

 

 

あっという間すぎて、びっくりしましたが、これでイギリスへ到着。

電車から車を運転し、もうそのまま公道へと続きます。

 

 

 

ここで最初に戸惑うのが、イギリスとフランスでは走るレーンが逆なん

ですよ。日本も左側走行が一般的ですが、イギリスも同様左側走行です。

 

ヨーロッパ大陸は、右側走行なんで、走る側が逆になってしまいます。

私も今ではフランスの左側に慣れてしまい、最初は結構戸惑いました。

 

景色もどことなくフランスとは異なり、家もどこか小さく、庭が

綺麗に手入れされていたりと、日本に似ているなと感じました。

 

 

多くの人が、イギリスへ旅行をしたことがあるかもしれませんが、

それはロンドンだけというのが大半なのではないでしょうか?

 

やはりその国の都市と田舎を見ることで、その国をより深く

知ることができます。

 

レンタカーでもイギリス、フランスをユーロトンネル経由で

行くことができるので、ぜひ行ってみてはどうでしょうか。

 

 

続きは、次のブログで。