自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

再び美食の街スペイン・サンセバスチャンへ。美味しい食べ物があれば、旅行はそれで十分

f:id:jpthingmr:20160830182517j:plain

スペイン・ポルトガルの旅も終盤になり、首都マドリッドから向かう先は、

またしてもサンセバスチャンへ。

 

サンセバスチャンは、街もスペイン人が避暑地として訪れる街として

認知されており、穏やかでかつ、海に面しているという点でやはりいいです。

 

そして、美食の街として食べ歩きができることが、最高です。

お店もまだまだ行ってない店が多数あるので、今回の旅で2回目の滞在と

なります。

 

 

ついこの前に来たばかりであり、あまり目新しさはないものの、

改めてサンセバスチャンの食の街を、様々なスペインの街を訪れることで

知ることができました。

 

初めてのスペイン入りし、寄った街がサンセバスチャンであったことから、

最初は、これがスペインのバルなんだなーと、スペインのバルは

どこもタパスが色鮮やかで、たくさんの種類があると思っていました。

しかし、他の都市では少しだけのタパスしかなく、色合いも食欲が

そそるようなものも少なかったです。

 

f:id:jpthingmr:20160904163149j:plain

 

改めて、この街は美食の街だと認識しました。

いくつかのバルに足を運んでいると、日本人の観光客も何名か

目撃しました。

 

ある日本人の方と話す機会があり、話を伺ってみると、

マドリッドから5時間ほどかけて、サンセバスチャンへ来たようです。

 

相当な食通でないと、日本からわざわざサンセバスチャンには行かない

ですよね。

 

f:id:jpthingmr:20160904163206j:plain

 

最初に向かった先が、サンセバスチャンでもお肉が美味しいと有名なお店に

向かいました。

 

f:id:jpthingmr:20160904163210j:plain

 

最初に焼く前の肉が出され、これでいいかと確認されます。それにしても

あまりの大きさにびっくりしましたが、せっかく来たのだからと頼むと、

上の写真の大きさのステーキがどかーんときました。

 

 

味は、今まで食べた中でもベスト3に入る美味しさで、最高でした。

ただ、食べ歩きが目的でしたが、もうこれだけでお腹いっぱいになってしまい、

その後別のお店で少し飲むぐらいに留めました。

 

食べ歩きをするならば、食べる分量も注意しないといけませんね。

 

 

サンセバスチャンは、日本から行くと時間や労力がかかりますが、

行くだけの価値はある街だと言えます。

 

ぜひ行ってみることをお勧めします。

 

 

続きは、また次のブログで。