自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

スペイン・ポルトガルへとフランスのパリから車で巡る、巡礼の春。

 

f:id:jpthingmr:20160830173006j:plain

 

日本の四国には88カ所を巡礼する四国巡礼と呼ばれる巡礼があるように、

西ヨーロッパにも巡礼が存在しています。

 

その巡礼として有名なものが、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

と呼ばれるものです。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 - Wikipedia

 

この巡礼路は、ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地と

数えられているそうです。

 

いくつか出発点が異なるルートがあり、フランスのパリから出発する

トゥールの道というものが存在します。

 

今回の旅では、フランスを南へ南へと行き、スペインそして、

ポルトガルへと車で旅行をする計画であり、トゥールの道と限りなく

近い形で旅を開始しました。

 

 さて、出発したのが金曜日の夕方、奥さんの仕事が終わり、仕事場から

そのまま車でスペインへと向かいました。

 

金曜日の夕方は、多くの人が仕事帰り、旅行へ出発と車が渋滞しており、

パリ市内を抜けるのに1時間ほどかかりました。

 

そこから、今日の目的のフランスのポワティエへ、車で5時間ほど

かかりました。

 

ポワチエ - Wikipedia

 

到着した時間は、ちょうど日が変わるか変わらないかの時間でした。

 

ポワティエの郊外のホテルであり、お店もあまりなくマックしか

空いておらず、その日はパーキングで購入したナッツを食べ、

お酒も飲まずのひもじい旅行初日でした。

 

しかし、それも明日に到着する美食の街サンセバスチャンが

あるからこそ我慢ができました。

 

 

続きは、次のブログで。