自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

東欧旅行:スイスのチューリッヒへ!街が整備されており、ここはフランクフルトかと思った街。

 

さてさて、スイスのベルンからチューリッヒへ車で3時間ほどで到着しました。

 

チューリッヒの町並みなど料理を写真ブログにアップしようと思っていましたが、

どうやら疲れすぎて全然撮れてなかったです。

 

今回は写真なしの回となります。

 

 

チューリッヒ

 

 

確かにベルンと比べると、歴史的な建物がなく、都会でした。

 

 

ドイツのフランクフルトにいった人にはわかるかもしれませんが、

結構フランクフルトと街の感じが似ています。

 

 

ドイツ語ってドイツでしか使えないから、言語も学ぶメリット少ないよなー

と思っていましたが、スイスのチューリッヒはどうやらみな、ドイツ語を話していました。

 

スイスの西側に位置しているベルンまでもドイツ語表記、ドイツ語で話していました。

てっきりベルンは、フランスに近いからフランス語かと思っていましたが、

全然でしたね。

 

 

それにしてもチューリッヒは、街がきれい。インフラもしっかり整っており、

治安も良さそうです。

 

 

こういった街は、日本人も安全に旅行できそうですね。

 

 

本日の運転も終わりやっと、お酒が飲めると意気込み、

まずはビール。

 

 

そうその国のビールを飲むのが私の生きがいなんです。

 

f:id:jpthingmr:20160825002622j:plain

 

いやー美味しかった!!最高!ひゃっほおーい!

 

 

そして、スイスワインも飲みました。

 

スイスでもワインは生産されているものの、自国内の消費量が生産量を

超えるぐらいなので、なかなか他国では飲めないようです。

 

 

日本でとなると、そうとうレアのワインかもしれませんね。

 

 

 

 

ワイン、ビールを飲み、これぞ旅の醍醐味と満足しながら、

明日のスイスの山脈を越え、イタリア入りに備えて早めに寝ることにしました。

 

 

 

続きは、次のブログで。