自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

東欧旅行初日:フランスの東に位置するブザンソンで宿泊!

f:id:jpthingmr:20160823191606j:plain

フランスの遺産を巡る vol.2 その4 〜ブザンソン〜:海のむこうはどんなところ?:So-netブログこちらのサイトから引用》

 

 

 

長期的な旅をする当日は、以外と実感がないものです。

 

そして8月7日に出発する日となったものの、お風呂場の水つまりが、

直らず。どうしたものかと。

 

この水詰まり、パリでは結構あるあるの話で、住んで居る人は必ず1回は

起こる現象なんです。

 

おそらく、日本の排水管の管に比べて、かなり管が小さいことが問題の

元なんですけどね。

 

古い建物を未だに使っていることからくる弊害だと思います。

パリは観光するには、古い町並みが残っていいんですけど、住むとなると

様々な弊害があるんですよね。

 

 

 

当初は、この水詰まりを直して気持ち良く、旅行スタートするつもりでしたが、

あの手この手を使っても、問題解決することができず、このままでは当日の予約した

ホテルに到着することもできないので、泣く泣く出発しました。

 

 

さて、本日の宿泊地はブザンソン

 

相当なフランスツウでない限り知らないと思いますが、フランスの東に位置しており、

スイスに限りなく近い場所です。

 

フランシュ・コンテの中心都市なのですが、コンテチーズが作られている場所です。

詳しくはWikipediaをご参照ください。

ブザンソン - Wikipedia

 

 

グーグルマップ上では、パリから車で4時間ほどです。

 

ただ、大抵パリ市内を出るまでに、車が渋滞してるのでパリ市内を出るのに

1時間余分にかかったりしてしまいがちです。

 

今回もパリ市内を出るのに一苦労しました。

 

途中途中パーキングエリアで休憩しながらも、なんとか到着することができました。

 

 

確か、夜の10時頃でしたね。

少し郊外のホテルを予約したため、周りには何もなくとても静かな夜でした。

 

こうして旅の初日は終了しました。