読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

色彩を持たない〜一気に1日で読んでみました。

 

東欧旅行から帰ってきて、改めて自分をどんどん変化・成長させていこうと思いました。

 

 

日本にいることは、時間があれば本ばかり読んでいましたが、フランスに来て
フランス語の勉強に集中しようと、日本語の本を読むことを避けてました。

 

幸いパリにはジュンク堂書店がパリの1区があり海外でも日本の本を購入することができます。

https://www.junku.fr/fr/index.php

 

 

当然海外で日本の本を手に入れることはできるものの、値段が2倍近くするのが、

ネックではあります。

 

 

それでもインプットすることは大切だと、以前から気になっていた

村上春樹の 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 購入しました。

 

 

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 

 

そして、購入した昨日で一気に読んでしまいました。

いやーおもしろかったです。

 

この人の世界観は独自であり、でてくる登場人物の話す言葉が、

なんていうのかセンスのある会話なんですよね。

 

私はこの村上春樹氏の小説で出てくる、登場人物達の会話がとりわけ好きです。

 

ここ最近は、以前の村上春樹氏のぶっとんだ世界観の小説というよりも、

わりと普通の世界に、ちょっとしたアクセントとして村上春樹の世界観が
加わったような小説でした。

 

そのためか、私にとってはバランスが良く感じられ、他の作者にはない

内容だから面白く、癖になってしまうのではないかと思いました。

 

 

この村上春樹氏の小説は世界中で読まれているので、他国の人と話すときの

以外にもネタになったりもするので、読んでみる価値はあると思います。

 

では、つづきはまた明日。