自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

当たり前の話ではあるが、実際にやってみるとわかるニーズを満たす、探し出すことがビジネスでは大切という話。

最近、自分でいわゆるビジネスというものをやりだしました。

 

一見するとかっこいいですが、それは本当に大したことではないんですけどね。

 

ただ、これまで仕事とは、会社に勤めて働くものだというふうに思っていました。

 

私の父親も新卒で入社した会社にもう30年以上働いております。

親戚でも公務員や普通の会社員です。

 

金持ちお父さんの本でいうと、みな貧乏おとうさんですね。

 

そんな環境でしたので、自分でビジネスを始めるという人が全くいませんでした。

 

 

そんな状態で、いざ自分でビジネスを始めると、これまで学んでいた
マーケティング論などが、急に自分のことのように感じてきますね。

 

 

これまでは授業で、何度も顧客、セグメント、ターゲットなどそういった用語は
何度も聞いていたわけです。

 

しかし、その時は自分でビジネスなんてしたこともなかったので、

砂上の城のような感じでした。

 

そんなことは知っているよ、といった感じでしょうか。

 

 

しかし、最近改めてニーズを探り、そのニーズに応えるということが
どれほど大切か少しづつわかりかけてきました。

 

 

例えて言うと、どんなに優れた釣具のセットを準備をして、糸を

垂らしても魚がいなければ何の意味もありません。

 

 

これがビジネスでも同様だなと実感します。

 

ニーズがないのに、そこにサービス、ものを頑張って提供しても、誰も
購入もしくはお金を払いません。

 

 

それは、会社が利益を生まず、会社の成長に全く繋がらないのです。

 

 

ビジネスの世界では、ニーズありきなんですよね。

そんなことは、経済や起業の授業を聞いており、知ってはいたものの、

改めて自分でやるとその大切さがよくわかります。

 

 

 

ぜひ、このことを少しでも記憶に留めといてください。