読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

パリの起業相談会に参加しました。パリで起業するには結構するな〜お金が。

f:id:jpthingmr:20160621050238j:plain

今日パリで起業するための、パリ起業相談会に参加してきました。

 

会場の場所は、パリの1区で行われました。

 

漠然と起業を志している方は、こう言った起業相談会に参加されること
お勧めします。

 

自分も漠然とパリで起業したいと思っており、何をやろうか考えていたものの、

 

実際にパリで起業する上でお話を聞くと、パリの不動産事情、日本にはないフランスの
営業権の売買、人を雇う上でどのようにビザを取得するか、会計上のこと、

実際にお店をオープンするまでの段取り。

 

 

まーーーいっぱいやることがあり、心が折れました。

一番の問題は、なんてたって資金面。

 

日本の東京以上に物件が高く、おまけに販売権というものを購入しなければ
ならなく、パリでお店を開くには少なくとも、20万ユーロは必要だとの

ことでした。

 

 

日本にいる時はいる時で、起業をするということは難しく感じていたものの、

パリに比べるとなんて簡単なんだ!と思ってしまう。

 

やはり言葉の壁がないのだ、とてつもなく楽だと思ってしまう。

 

 

相談会が終わった後に、これからのことをどうしようか考えんながら、何気なく

パリの街を歩いてみたものの、この普段当たり前にあるこれらのお店も
しっかりとお店を開くために準備、税金を納め、資金も調達しと、

本当に様々な問題をクリアしてきたんだなと思うと、

 

どのお店も本当に偉大に見えてきます。

 

 

日本で起業をしようか迷っている人は、是非やってみるといいですよ。

海外、とりわけ欧州では起業をするということは、言葉の壁から始まり、
税金も高く、労働者にとって条件が良く、すなわち人を雇う側にとっては
あまり優遇されていなかったりと、条件良くないですよ。

 

なので、海外で起業することに比べたら、日本で起業するのは
簡単だなーと思って、是非挑戦お勧めいたします!

 

 

自分も資金面を今後どのように解決していくか考え、日々フランス語も
励んでいく次第であります。