自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

本日、フランス語語学学校終了しました〜

f:id:jpthingmr:20160617051729j:plain

 

今日でひとつのフランス語学校が終わりになりました。

 

厳密には、来週の月曜が最終日なのですが、その日は用事があるので、
行けないんす。

 

今日行っていた語学学校は去年の9月末から週に2回、毎回の授業が2時間半
の授業でした。

 

 

先生自体もとても良く、授業は楽しく過ごすことができたし、
結構そこの授業の友達と会うのが楽しかったりと、いい思いでがいっぱいですわ。

 

よくフランス語学校など語学の学校で、どこの学校がいいかというのが、
話題になるものの最終的には、担当の先生がどんな人か、それが大きな成果の
パーセントを占めているから、

あたりの先生が多い学校はどこかという基準で選んだほうがいいのかもしれない
っすね。

 

そして、通う生徒の母集団がどのような集団かというのも大切ですよ。

 

日本にずっと生活していると、日本の学校スタイルが当たり前であり、
自分から積極的に発言する人も少なかったりしますよね。

 

 

人によっては、質問は全くしたこともない人いるかもしれません。

 

でも欧米の学校に行っている人は、結構質問しますー

 

どんだけ好奇心あんだよ!!

そして、もっと考えてから質問しろよっと思うぐらい、ぐいぐい質問する
もしくは、発言したりします。

 

 

そうなると、基本的に日本人はおとなしく、なかなかその荒波で

ぐいぐい行くには、勇気がいるんじゃないかなと思います。

 

なので、あまり自分から発言しない人はアジア人が多い学校のほうが
いいかもしれません。

 

 

アジア人は根本的な思想の点で、東洋思想でもあるので、

恥の文化のようなものがあり、結構恥ずかしがるので、自分がちょっと

勇気を出して発言すれば、先生も聞いてくれます。

 

 

 

話はだいぶそれましたが、、

 

今日でひとつの語学学校が終わりの節目を迎えたので、これからは

その空いた時間を別のことに、有意義に使っていきたいなと思っている次第です。