読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

日本語には尊敬語、謙譲語、丁寧語が存在し、そのことが心理的な距離を作っている。廃止すべき。(暴論)

日本語は、相手との距離を作るようにできているのではないか?

 

だから、なかなか距離が縮まらず、なんだかいちいち言葉に気をつけなくてはならず、
僕たちの無意識の中に、相手に失礼があってはならないように、言葉を選びながら
日々過ごしていると言える。

 

これって、21世紀になり世界が縮小化し、ボーダレス化している上で、かなり邪魔に
なってしまうんじゃないかと思う。

 

 

フランスの語学学校でフランス語を勉強しているが、同じクラスに年配の日本人がおり、フランス語を他の国の人も交えて、話す分には敬語がどうとか全く存在しない(実際フランス語にも尊敬語、謙譲語、丁寧語などあるのかもしれないが知らない・・)

だから、同じ立場で話せるから、話すことにフォーカスできると言えるし、ラクである。

 

しかし、日本人だけになると日本語で話してしまい、やはり年配の人だから言葉使いも丁寧になってしまい、心理的な距離も離れてしまう。

 

これって人間関係においては、結構損なことじゃないかなーとおもってしまうんだけれども、どーなんだろう。

 

もっと、日本語もフラットな言葉遣いにすることが、周りとより心理的に近づけると思ってしまう。