自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

SNCFのストライキ

最近ブログの投稿が、ストライキばかりになっていますが、気温が暖かくなったパリは間違いなく、ストライキシーズンに突入しています。

パリの追悼式

パリで追悼式が行われた たまたまジムのサイクリングマシーンを漕いでいる時に、テレビを見ていたところ、 パリのマニフェストの様子がテレビで写っていました。

銃規制を求めるデモ in Paris

パリでも銃規制を求めるデモが行われた エッフェル塔前のトロカデロで、アメリカの高校生の銃による事件から、銃規制を求める動きが行われました。

パリの春のイベント・マニフェストの時期がやってきた

3月はマニフェストの時期 学校で習ったフランス革命。この革命は、民衆の力で王政を終わらせ、王政から民衆による国政へと転換したことにより、世界史上でも大きな事件ともなりました。

トルコは親日なのだろうか?

よく聞きます。トルコは一番親日な国だと。 実際どうなのでしょうか? イスタンブールに旅行をして、実際に感じて、思ったことを述べたいと思います。

イスタンブールに訪れ、バグラバを食べる

トルコ・イスタンブール 旅行で楽しみといえば、観光であり、その国の料理を食べることです。 そして、海外に友人がいるならば、その友人に会うことが別の旅の楽しみだとも思います。

本物のケバブを食べに、トルコ・イスタンブール1週間滞在

オスマントルコ帝国の首都:イスタンブール 以前からいつか行ってみたいと思っていた、トルコ・イスタンブールに旅行で一週間行ってきました。

2018年パリのファッションショーに参加

2018年春のパリコレ パリで最もファッションな週がやってきました。そうFashion week (パリコレ)。 この期間にパリを歩くとなると、突然モデルの数が増え、おしゃれな格好をした人が突然増えます。私も学生の頃に、よくファッション雑誌を見て、パリコレにい…

写真を向上させる5つのこと風に写真をどうすればよく撮れるか考察した

写真の心構えの話。 最近、毎日写真のことばかり考えていると言っても、過言ではありません。 月から金曜日まで写真の学校、空いている時間には写真を撮りに外へとでては写真を撮る、そんな日々が続いています。 そうなってくると、やはり考えることは、いい…

大学の卒業論文を提出終了

今回も、写真はないですが。ようやく大学の卒業論文を提出することができました。 それにしても長かった〜この通っていた大学は、100%オンライン大学であり、世界中どこでも受講ができるというのが売りでした。

パリのホームレスのおじさん

ここ最近の話。写真とは全く関係ないものの、書いてみました。 出会いは、あまり覚えていないものの、雨が降っており、スーパーに 買い物に行く必要があったので、スーパーに向かって歩いている時に、そのおじさんと 話しました。 そのおじさんは、雨の中雨…

カーニバル in Paris

2月11日日曜日パリの20区のガンベッタからリパブリック広場へとカーニバルの行進が行われました。

パリの建物1つにフォーカスした建築物写真の宿題

パリで雪が積もるのは、5年ぶりらしい

パリX雪Xセーヌ川増水 最近雨ばかりが続き、パリのセーヌ川の水位が上がり、ニュースにもなったようですが。昨日、2月6日に今度は雪が降り、パリの街に雪が積もりました。 雪自体はパリでも、東京のように年に数回降ることはあるんですが、 毎回積もること…

今後の写真家の働き方、生き方を模索してみる

現在、大学4年生でもあり、今、卒業論文に取り組んでいるんです。これが終われば、 写真にフォーカスできる。無事に終わってほしいです。

パリのバスティーユ付近でのスナップショット写真

パリ・バスティーユでスナップショット ここ最近の写真学校があるバスティーユで写真を撮ることが多いんですが、 そのあたり近辺で撮った写真です。 それにしても、パリで写真を撮るのは面白い。 本当に様々な人種がパリには住んでいます。

セーヌ川の水位が上がり、歩道・樹木が完全に浸かってしまった

セーヌ川の水位が上がり、道まで浸かった パリの冬は、天気がいつも悪く、雨ばかり降る。 そんなことをパリに来る前に、聞いていたが、今のパリの冬はまさにそうです。

フェンシング世界大会 in Paris にphotojournalとして初参加〜その2〜

フェンシング世界大会 in Paris ということで、フェンシングの試合ですが、 とりわけ印象深かったのが、選手が試合で勝った後に、 雄叫びを挙げて、喜ぶのがとてもインパクトがありました。

フェンシング世界大会 in Paris にphotojournalとして初参加

フェンシング世界大会 in Paris 2018年1月20日、パリ市内でフェンシング世界大会が開催されました。 そして、この大会に写真を撮りに行きました。 これまでフェンシングを実際に見たこともなく、そもそもルールもわからないスポーツでもあり、当然足を運んで…

異邦人から見た日本:実家に久々に訪れた

千葉の実家に2年半ぶりに戻ってきた 半年ぶりに日本に戻り、実家に戻ったのは2年半ぶりとなりました。 以外と懐かしいという感覚はあるといえばあるものの、そこまで街が劇的に 変わってはいなかったとので、なんとも言えない不思議な感覚。

日本を異邦人の目から見て撮った写真

異邦人から見たTOKYO 久々に日本に戻ってくると、面白い。 とりわけ写真を撮る観点で考えると。 なぜならこれまで当たり前だと思っていとことは、実は当たり前ではなく、日本の常識、文化だったということに気づくからです。

朝6時、人がいないルーブル美術館での写真

早朝のルーブル美術館は別の顔 パリに戻ってきたものの、未だに日本時間のままの体内時計のせいか、 朝3時前に起きてしまいました。 パリの朝3時は、日本と時差が8時間あるので、日本時間では朝の11時なので、 日本だとよく寝たな〜という感じです。

HP作成に取り掛かることにした、写真家として道を歩むために

HP。version1.0できました www.junpeitanaka.org パリに戻ってきてやろうとしていたことは、写真家としてHPを作成すること。 昨日夜10時前には寝てしまい、よく寝たーと起きたら朝の3時前。 完全に時差ぼけのせいですが、日本では朝の11時ですので、妥当な…

引き寄せの法則とカメラとワクワク

ワクワクの追求が21世紀のテーマ 今は写真の学校も休みで、外を窓から除くと雨風が強いパリ。 そんな感じなので、時間を持て余しているので、ブログでもやるかという状況です。 今回は、とりわけ内容がなく、まとまりがない文章になりそうです。 さて、話は…

日本に戻ってきて思った日本社会とは

パリに先ほど戻ってきました 家に戻って30分と経たないうちに、ブログ更新しています。 飛行機がエールフランスで直通だったものの、約12時間ほどかかりました。 半日も飛行機の中にいたので退屈かと思いきや、本読んだり、自分が思っていることノートに書い…

2018年の抱負=観念を変えること

今週のお題「2018年の抱負」その2〜 1番の指針は、瞬間瞬間でワクワクを追求する。これが大前提、 そして学校を卒業し、写真家として稼ぐこと。 ここがポイント、写真家として自立できるようになることが、今年の仕事面のポイントだと思います。日本に帰っ…

2018年の抱負をブログで綴ってみる

今週のお題「2018年の抱負」 あけましておめでとうございます。 今年は日本で新年を迎えることができました。実に、日本で新年を迎えるのは 3年ぶり。新年のイベントはやはり、日本は充実している。 さて、今年の新年の抱負は、既にブログで書いたからいい…

2017年:年の瀬の大晦日に、自分の来年の抱負

年末だからこそ、これまでの1年間の振り返り及び、来年1年間どうしていこうかという節目のタイミングだと思う。 最近忙しさのあまり、ブログを書く時間もなかったし、アクセス数も少なくなってきて、優先順位がかなり下になっていた気がする。

続・パリの1・2区の典型的なパリの写真ではない写真

続・パリ1、2区の典型的ではない写真 前回の記事の続きで、さらにパリの1、2区で撮った写真を紹介します。 さて、この1区は基本的にはセーヌ川沿いのいかにもパリの景色を有する地区でもあり、ルーブル美術館、チュールリー公園やポン=ヌフも含まれていま…

パリの1区、2区のパリの典型的ではない写真

パリの典型的な写真は撮らない パリの写真ともなると、どうしてもいかにもパリの写真、素敵だなと思うような写真を多くの人が取りがちであり、自分はそういったいわゆる典型的なパリの写真ではない写真を撮ることを今回心掛けました。