自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も。

日本を異邦人の目から見て撮った写真

異邦人から見たTOKYO 久々に日本に戻ってくると、面白い。 とりわけ写真を撮る観点で考えると。 なぜならこれまで当たり前だと思っていとことは、実は当たり前ではなく、日本の常識、文化だったということに気づくからです。

朝6時、人がいないルーブル美術館での写真

早朝のルーブル美術館は別の顔 パリに戻ってきたものの、未だに日本時間のままの体内時計のせいか、 朝3時前に起きてしまいました。 パリの朝3時は、日本と時差が8時間あるので、日本時間では朝の11時なので、 日本だとよく寝たな〜という感じです。

HP作成に取り掛かることにした、写真家として道を歩むために

HP。version1.0できました www.junpeitanaka.org パリに戻ってきてやろうとしていたことは、写真家としてHPを作成すること。 昨日夜10時前には寝てしまい、よく寝たーと起きたら朝の3時前。 完全に時差ぼけのせいですが、日本では朝の11時ですので、妥当な…

引き寄せの法則とカメラとワクワク

ワクワクの追求が21世紀のテーマ 今は写真の学校も休みで、外を窓から除くと雨風が強いパリ。 そんな感じなので、時間を持て余しているので、ブログでもやるかという状況です。 今回は、とりわけ内容がなく、まとまりがない文章になりそうです。 さて、話は…

日本に戻ってきて思った日本社会とは

パリに先ほど戻ってきました 家に戻って30分と経たないうちに、ブログ更新しています。 飛行機がエールフランスで直通だったものの、約12時間ほどかかりました。 半日も飛行機の中にいたので退屈かと思いきや、本読んだり、自分が思っていることノートに書い…

2018年の抱負=観念を変えること

今週のお題「2018年の抱負」その2〜 1番の指針は、瞬間瞬間でワクワクを追求する。これが大前提、 そして学校を卒業し、写真家として稼ぐこと。 ここがポイント、写真家として自立できるようになることが、今年の仕事面のポイントだと思います。日本に帰っ…

2018年の抱負をブログで綴ってみる

今週のお題「2018年の抱負」 あけましておめでとうございます。 今年は日本で新年を迎えることができました。実に、日本で新年を迎えるのは 3年ぶり。新年のイベントはやはり、日本は充実している。 さて、今年の新年の抱負は、既にブログで書いたからいい…

2017年:年の瀬の大晦日に、自分の来年の抱負

年末だからこそ、これまでの1年間の振り返り及び、来年1年間どうしていこうかという節目のタイミングだと思う。 最近忙しさのあまり、ブログを書く時間もなかったし、アクセス数も少なくなってきて、優先順位がかなり下になっていた気がする。

続・パリの1・2区の典型的なパリの写真ではない写真

続・パリ1、2区の典型的ではない写真 前回の記事の続きで、さらにパリの1、2区で撮った写真を紹介します。 さて、この1区は基本的にはセーヌ川沿いのいかにもパリの景色を有する地区でもあり、ルーブル美術館、チュールリー公園やポン=ヌフも含まれていま…

パリの1区、2区のパリの典型的ではない写真

パリの典型的な写真は撮らない パリの写真ともなると、どうしてもいかにもパリの写真、素敵だなと思うような写真を多くの人が取りがちであり、自分はそういったいわゆる典型的なパリの写真ではない写真を撮ることを今回心掛けました。

ブーロニュの森へ再び写真を撮りに訪れた

パリの西に位置するブーロニュの森へ 日本では以前パワースポット巡りというものが流行り、様々な場所でここはパワースポットだと騒がれていたこともあり、自分自身もやはり場所によってここはすごいエネルギーが高い場所だと、神社を頻繁に訪れていたのが懐…

パリのサロン・ド・ショコラに参加

サロン・ド・ショコラ in パリ 10月28日土曜日にパリの南に位置するポルト・ヴァンセーヌという場所で、チョコのフェスティバルとでもいうようなイベントが行われた。 世界中からチョコのお店が一同集結し、各々の作品を展示する毎年恒例のイベントである。 …

パリも秋到来:ブーロニュの森散策

秋の到来をブーロニュの森から 10月ともなり、朝7時前に起きると、外は真っ暗であり、いったい今は何時だと思ってしまうような、外の薄暗さ。 夏は、毎日のように晴れることが当たり前で、日差しが強すぎるなんて思っていたのも懐かしき日々。

パリの20kmラン

パリに大勢のランナーが集結 10月8日、日曜日のパリエッフェル塔タワーがスタート地点となり、20キロランが行われた。20キロだからマラソンではないわけであるものの、多くの人が参加した大きなイベントだった。

パリのデモに参加した:バスティーユ

パリのバスティーユ・スタートのデモ フランス・パリのデモに参加した。そもそも自分はこれまで恥ずかしながら、デモというものに参加したことがなかった。フランスの教育では、小学生にデモは参加することは良いことであると教えているようだ。一方、日本で…

パリ・コミューンのイベントに参加

パリ13区でパリ・コミューンイベント 9月の下旬にパリの13区でパリコミューンのイベントがあったので参加した。 これまた学校の課題で写真を撮るために、参加したため、この課題がなければ参加することのなかった、幻のイベント。

遂にパリコレに参加:2017年秋

Fashionweek in Paris パリに住んで3年目、遂にパリコレに参加することができた。 日本に住んでいるとパリコレのイメージは、華やかでとてもおしゃれなイメージ。 実際にそれはそうなんだが、住んでいるとまたパリコレやってるなーという感じで、 しょっち…

テクノパレードでパリも興奮

テクノパレードin Paris 9月23日テクノパレードがパリで行われたので、参加してきた。そもそもテクノパレードという存在すら知らず、学校の課題でテクノパレードの写真を撮ってこいと言われ、宿題をこなすために行った。

9月からパリのカメラの専門学校通うってよ

カメラを学ぶ前に、語学が必要でアル 2017年9月18日からパリにあるカメラの専門学校へ通い始めた。 これまでカメラを本気で取り組んだことはなく、基本的になんとなくボタンを押していただけだった。

中々入ることができないパリ市役所をぐるりと訪問

パリ市役所は華やかであり、仕事する場所ではない 9月が過ぎ去ってしまい、ここ最近ブログを更新することができず、日曜の夜ぽっかりと時間が空いたので、久々の更新をすることに。書く内容は半月ほど前の話。

とりとめもない雑感であり、この9月が自分の節目だなと

8月の夏のギリシャから9月の秋のパリへと戻る ギリシャのあの夏の、あの青い海、そしてこれぞ夏だーーと思えるバカンスを終え、パリへと戻った。今このブログを書いているパリは、最高気温は20度を超えることもなく、概ね曇りばかりで、毎日のように一時的…

ギリシャの10日間の夏のバカンスを「パラダイスビーチ」で過ごす

ミコノス島のあのパラダイスビーチへと向かう ミコノス島滞在3日目、これといってやることもなく、やることは海へ行き泳ぐこと、それぐらい。ミコノス島には幾つものビーチがあり、とりわけ有名なのがゲイやヌーディストビーチとしても知られているパラダイ…

ミコノス島滞在:世界遺産のデロス島&村上春樹氏が滞在した家

ギリシャのバカンスの島として有名なミコノス島 ミコノス島は、確かに観光地向けの島と言える。 ビーチも綺麗であり、レストラン、そして白色で染められた街並みからも納得出来る。 しかし、サントリーニ島から渡ってきた自分はというと、いまいちこの島にし…

ギリシャの中でもとりわけ有名なミコノス島へと渡った

サントリーニ島からミコノス島へ船で渡航 ギリシャのサントリーニ島から、ミコノス島へ行くにあたって、どうせなら船に乗って島から島から渡るのも1度はやってみようということで、船で島へ行くことにした。今日がサントリーニ島最終日、今日も相変わらずの…

総合的に良かった島:サントリーニ島

サントリーニ島のビーチで時を過ごす 日本にいるときは、海辺の楽しみ方は2つしか知らなかったと思う。1つ、海で泳ぐ。2つ目は、海で釣りをする。この2つだけであった。今ではこれらに加えて、海で食事をする、海でダラダラと波の音を聞きながら、ゆるや…

サントリーニ島にあるビーチへと移動:魚の生態系を知る

サントリーニ島はこの景色だけではなく、ビーチも楽しい サントリーニ島のこの景色を見るのが、今回の目的の1つであり、そしてもう1つの目的は、夏のギリシャの海でダラダラと過ごすことであった。当然この島は観光の島であり、多数のビーチがあると思って…

「神秘的」なイアの夕日を眺めてみて

サントリーニ島から船で渡った島 サントリーニ島から船で降り立った島の海は、まさにこれまでで一番透明度が高い島と言っても良い、それほど綺麗な海であった。 そもそもこの島に住んでいる人は、目視した限り100人ほどではないだろうか、そして大抵は、観光…

サントリーニ島にある温泉へとダイブ

サントリーニ島からのツアーに参加 サントリーニ島2日目、本来この島に何をするか具体的に決めていたわけではなく、漠然のあのサントリーニ島の街並みの景色を見たいが為に来ていたので、特に予定は空白だったのだが(たぶんこれがヨーロッパスタイル)、街…

青い空・青い海・そして白い街並み:サントリーニ島を訪れた

日本人の美的感覚にマッチする島サントリーニ島 4泊滞在したアテネから、飛行機で約1時間の場所に位置するサントリー二島へと訪れた。この島は1度は私の中で行ってみたい場所リストの1つでもあり、以前白と青の二色で構成された美しい街並みを1度写真で…

アテネ滞在3日目で思うこと

ギリシャ:アテネの滞在にも慣れてきて、見方が変わってくる ギリシャのアテネ滞在3日目ともなると、少しづつ街の新鮮さがなくなりつつあり、はっきり言ってだれてくる。初めての国に来た時の新鮮な気持ちが薄れて、めぼしい観光地は行ってしまった後であり…