自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

写真

パリの春のイベント・マニフェストの時期がやってきた

3月はマニフェストの時期 学校で習ったフランス革命。この革命は、民衆の力で王政を終わらせ、王政から民衆による国政へと転換したことにより、世界史上でも大きな事件ともなりました。

写真を向上させる5つのこと風に写真をどうすればよく撮れるか考察した

写真の心構えの話。 最近、毎日写真のことばかり考えていると言っても、過言ではありません。 月から金曜日まで写真の学校、空いている時間には写真を撮りに外へとでては写真を撮る、そんな日々が続いています。 そうなってくると、やはり考えることは、いい…

カーニバル in Paris

2月11日日曜日パリの20区のガンベッタからリパブリック広場へとカーニバルの行進が行われました。

パリの建物1つにフォーカスした建築物写真の宿題

パリで雪が積もるのは、5年ぶりらしい

パリX雪Xセーヌ川増水 最近雨ばかりが続き、パリのセーヌ川の水位が上がり、ニュースにもなったようですが。昨日、2月6日に今度は雪が降り、パリの街に雪が積もりました。 雪自体はパリでも、東京のように年に数回降ることはあるんですが、 毎回積もること…

今後の写真家の働き方、生き方を模索してみる

現在、大学4年生でもあり、今、卒業論文に取り組んでいるんです。これが終われば、 写真にフォーカスできる。無事に終わってほしいです。

パリのバスティーユ付近でのスナップショット写真

パリ・バスティーユでスナップショット ここ最近の写真学校があるバスティーユで写真を撮ることが多いんですが、 そのあたり近辺で撮った写真です。 それにしても、パリで写真を撮るのは面白い。 本当に様々な人種がパリには住んでいます。

日本を異邦人の目から見て撮った写真

異邦人から見たTOKYO 久々に日本に戻ってくると、面白い。 とりわけ写真を撮る観点で考えると。 なぜならこれまで当たり前だと思っていとことは、実は当たり前ではなく、日本の常識、文化だったということに気づくからです。

朝6時、人がいないルーブル美術館での写真

早朝のルーブル美術館は別の顔 パリに戻ってきたものの、未だに日本時間のままの体内時計のせいか、 朝3時前に起きてしまいました。 パリの朝3時は、日本と時差が8時間あるので、日本時間では朝の11時なので、 日本だとよく寝たな〜という感じです。

HP作成に取り掛かることにした、写真家として道を歩むために

HP。version1.0できました www.junpeitanaka.org パリに戻ってきてやろうとしていたことは、写真家としてHPを作成すること。 昨日夜10時前には寝てしまい、よく寝たーと起きたら朝の3時前。 完全に時差ぼけのせいですが、日本では朝の11時ですので、妥当な…

続・パリの1・2区の典型的なパリの写真ではない写真

続・パリ1、2区の典型的ではない写真 前回の記事の続きで、さらにパリの1、2区で撮った写真を紹介します。 さて、この1区は基本的にはセーヌ川沿いのいかにもパリの景色を有する地区でもあり、ルーブル美術館、チュールリー公園やポン=ヌフも含まれていま…

パリの1区、2区のパリの典型的ではない写真

パリの典型的な写真は撮らない パリの写真ともなると、どうしてもいかにもパリの写真、素敵だなと思うような写真を多くの人が取りがちであり、自分はそういったいわゆる典型的なパリの写真ではない写真を撮ることを今回心掛けました。