自ずと道はbonheur〜♪

出来事、旅、備忘録がてらブログに投稿しちょります。カメラ写真も

イタリア

「白トリュフ」で有名なイタリア・アルバへと訪れる。そしてモナコ、ニースへと

白トリュフという存在を実際に目で見ることで確認するためアルバへ さてこちらの商品、100g、200ユーロで売られているのですが、安いと思いますか?どうでしょうか? これが世界三大珍味と言われる、トリュフ。 一般的には、トリュフはクロトリュフが市場に…

「カプリ島」へこそ行くべきでありと、断言できるだけの要素はある

ナポリを見ずにイタリアを語れない。カプリを行かず、ナポリを語れない イタリアの主要観光都市と言われる、ミラノ・ベネティア・フィレンツェ・ローマそしてナポリとある中、どれもそれぞれ個性的な都市であり、それぞれに特徴があり、どれが一番ということ…

フィレンツェに滞在半日、ナポリの地へ再び!ナポリの方が旅行オススメです。

フィレンツェに到着した翌日の朝、少し散歩し、今日は どこを観光しようか考えていたものの、 常に違和感のようなものが、要はしっくりこない!なぜだこの感覚は?

シエナ→トスカーナのフィレンツェへと向かうイタリア旅行〜その19〜

イタリアのフィレンツェへ向かうべく、シエナからさらに北へと向かうことに。 次に訪れた街は、 サン・ジミニャーノ。 この街も世界遺産として認定されており、当時は最大70ほどの塔が作られており、 塔こそが権力の象徴だったようです。今では、いくつかの…

シエナという街は、これほどまでに美しいとは想像を超えていた〜その18〜

イタリアのトスカーナ地方のシエナ2日目。 本日は天気は良く、昨日の寒く、薄暗いシエナの街から一新。 綺麗な街だなと感じました。 街全体が薄茶色に統一されており、空の青色と雲の白色と三色カラーとなっていました。

ソレントから、あまり日本人が観光でいかないシエナへと、車で北上!しかし寒い〜その17〜

イタリアのソレントで宿泊。 ソレントという街は、よく知らないけれども、中学生の頃 《帰れソレントへ》という歌を音楽の時間に勉強し、ソレント という街の名前は知っていました。 このソレント、天気が良い時はアマルフィーと同様に綺麗な海に面しており、…

ポンペイの街を歩いていると、当時のローマ人も、今の自分たちと何も変わらないとわかる〜その16〜

ローマ時代にそのままタイムスリップしたかのような街、ポンペイ。 ポンペイの入り口から街へと入門。 家と家との敷居の壁が残っており、当時このポンペイには最大2万人が 住んでいたと言われており、立派な都市と言えるでしょう。

これがポンペイという街なのか!アマルフィーから車で来たから感動もあるかな〜その15〜

アマルフィーで本当は一週間ほど、ゆっくりと滞在したい気持ちは山々でしたが、 やはり日本人らしく、行けるとことは詰め込んでいくということで、 アマルフィーを離れ、世界遺産として有名なポンペイへと向かうことにしました。 イタリアの朝ごはんは、質素…

アマルフィー宿泊2日目・ホテルのプールで寒い11月初旬に泳ぐ、食べる、飲む〜その14〜

アマルフィー到着2日目。 朝起きて、カーテンを開けると、穏やかに海が横たわっており、朝日が 海に反射し、とても美しい景色でした。 宿泊したホテルも、日本でいう旅館のような建物であり、シーズンオフのせいかほぼ貸切の状態でした。 軽く朝食を食べた…

これがいわゆるアマルフィーの海岸なんだなと、車を運転しながらだと別の感想を抱く〜その13〜

イタリアのナポリからさらに南に位置する、アマルフィーへと向かうことに。 夕方にナポリを出発したのですが、その時間帯がちょうど、帰宅ラッシュと 重なってしまい、交通量が多い時間帯でした。 ナポリは、ちょっとしたことですぐにクラクションはならすし…

ナポリからローマの皇帝が愛してやまないカプリ島へと渡航・しかしながら・・〜その12〜

ナポリへ到着の翌日の朝。 ホテルからは海が見えており、その海の先にはいくつもの島が見えました。 ナポリの周りにはいくつもの山に囲まれており、出発時にはとても寒いなと 思っていたパリに比べて、ナポリはとても温暖で暖かい。 これがナポリ!なんだか…

イタリアのナポリへと、ローマから車で向かうことに〜その11〜

夕方にローマからイタリアの南のナポリへと向かうことに。 ローマからナポリまでは少し距離があるので、ローマで持ち帰り用の ピザを購入して、いざ出発。 だんだんと日が沈んでしまい、車から外を見ると真っ暗な夜となり、 ナポリは治安が悪いというイメー…

ヴァチカン市国から、ローマ教皇及びキリスト、ローマ帝国との関係性を考えることがない旅〜その10〜

ローマ滞在3日目。 バチカン市国へと行くことに、このバチカン市国は本当に小さく、 ローマの一つの地区といってもいいだろう。 さて、バチカン市国へは、1日乗車券のバスを使って、最寄りのバス停で停車。 そこから徒歩で歩き、バチカン市国へと入国する…

ローマで、歩いて、見て!食べて!飲んだ!〜その9〜

ローマのフォロ・ロマーノで、圧倒的な量のローマ時代の遺跡を 見終わった後、お腹が空いたので少し遅めの昼食を取ることに。 数ある多数の観光向けのイタリアンレストランの中から、これは美味しそうだと 思ったお店食べることに。 そして、見事に正解。残…

あ〜これがローマという都市なんだな、行ってみて、観光してわかったローマという街〜その8〜

ローマ到着翌日。 早速ローマの周遊バスのチケットを購入。 ローマの11月初旬は、結構寒いです。 観光のシーズンベストではないので、結構2階立てのバスの屋根なしは、 ブルブル震えます。 テルミニ駅近くから乗り、バスでしばらくローマを観光しましたが、…

ローマを見てしまうと、それ以降ローマ帝国の遺跡が霞んでしまう〜その7〜

以前読んだ塩野七生のローマ人の歴史物語以降、ローマの歴史にとても興味を持つようになり、ローマ帝国はなんと偉大な帝国だったのだろうと思うようになりました。 そして、いつかあの小説の中心となったローマへ行ってみたい。 その思いが遂に実現すること…

ピサの斜塔は確かに傾いているということがわかったピサの街探索〜その6〜

リボルノからピサへと車で向かいました。時間にして約1時間半ほどですね。 ピサは、多くの方知っているのではないのでしょうか? 当然、自分もピサの斜塔を目指して向かいました。 ピサ - Wikipedia ピサの中心地へ入る手前に、ローマ時代の遺跡がありまし…

イタリアの海に面した街リボルノで夕食を食べてみたら、ピカイチの美味しさだった!その5

チンクエテッレから、宿を予約していたリボルノへと向かうことに。 相変わらず、チンクエテッレの道は、山道であり道も狭く、悪路でした。 おまけに、日が沈んでしまい、周りを見渡すと本当の闇でした。 頼れるのは車のライトのみ。 大きな道へ出るまで、結…

イタリアのチンクエテッレへ行ってみた!電車ではなく、車を使って。その4

車のサイドミラーが折れたまま、イタリアの東へと向かうことにしました。 なるべく、サイドミラーは見ないように、運転を。見てしまうと、悲しい 気持ちになってしまうので。。 本日の宿は、ピザの斜塔で有名なピザの近くにある街の、リボルノという 街に来…

ジェノバで宿泊、そして車で次の目的地へ向かおうと思ったら・・ナント。。その3

ジェノバは、以前は海洋国家として栄えており、多くの人が行ったことは ないかもしれませんが、名前だけは知っているのではないのでしょうか? イタリアンでもよくジェノバ風〜とかがありますね。 バジルが有名です。 さて、長時間運転した翌日、さすがに疲…

フランスのパリからイタリアのジェノバへ、約10時間運転することで到着!その2

さて、気を取り直し午前中に車の修理をしてもらい、案外簡単に修理 完了となりました。 前日にホテルを予約したものの、出発することができずお金だけ払いました。 そして、この日も事前にホテルを予約しており、しかもそこそこいいホテル。 当然キャンセル…

パリから車でイタリア旅行へ、最南はイタリアのナポリまで!が出発当日、無念。

2016年の10月末から、約2週間かけてイタリアを旅行しました。 出発点は、フランスのパリ。 そこから車でイタリアを見て回ろうという、旅行プランです。 フランス、イタリアを旅行するということはあるかもしれませんが、 車だけでイタリアの南の方まで行こ…

海洋国家ヴェネチアでの滞在:ディズニーシーのモデルとも言える都市での滞在。

1度は誰もが行きたいとしでもあり、そして絵になる都市ヴェネチア。 私は存在こそしっていたものの、塩野七生さんの小説を読んだことで、 より行ってみたいと思うようになりました。 ヴェネチアはそもそも海の島に都市が成立しており、 車では入れないと聞…

東欧旅行:急遽イタリアのミラノへと立ち寄ることになり、ハンドルを右へ!

今回の旅の目的は、まだ行っていない未知の国へ行くこと、そしてメインは東欧 とのことでした。 イタリアは通過点に過ぎず、せっかくなのでまだ行ったことのない、 ヴェネチアにも行こうというのが当初の計画でした。 そこでコモ湖を出発し、ヴェネチアへ。…

東欧旅行:イタリアの避暑地と言われるコモ湖へ、リヒテンシュタインから向かう。

リヒテンシュタインからイタリア北部のコモ湖へと車のドライブ約4時間。 その間、スイスの名物の山々を越える必要がありました。 景色を見るぶんには、山々はとても美しく、スイスの自然を思い思いに楽しめます。 が、運転するとなると、アップダウンが激し…