自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

イスラエル

エルサレムとパレスチナを歩き、旅した。見た。聞いた。食べた。

エルサレムの旧市街は、訪れる場所がメインだけを見るならば、2日あれば 十分と本に記載されていたりしますが、結構見どころは多いです、

エルサレムの宗教問題から切り離すことのできない神殿の丘、すなわちエルサレム神殿を訪問

エルサレムの訪れるべき場所は本当に多数ある。 歴史的にも古い町であり、現代でも問題を含んでいる町でもある。 さて、エルサレムの街を散歩すると、旧市街の道幅が狭いことがわかる。

パレスチナ自治区の聖地・イエスキリストが誕生したとされる、降臨教会を訪問

パレスチナ自治区でも、とりわけ有名な場所はイエス・キリストが 生まれた場所と言われている、ベツレヘムを訪れました。 このベツレヘムの降誕教会は、当然訪れるべき場所でもあり、 多くの観光客が列をなしていました。 降誕教会 - Wikipedia

パレスチナ自治区の荒野の誘惑・死海・最古の町エリコを訪れてみた

エルサレムへ訪問すると、必ず言っておきたいパレスチナ自治区。 エルサレムとパレスチナ問題は、宗教的、歴史的、地理的な要因から、 複合的な問題を孕んでおり、直接訪れることは、私たちに重要なことです。

エルサレムの嘆きの壁へ訪問後、安息日に突入!これぞユダヤ国家

こちらイスラエルのエルサレムの嘆きの壁の前です。 私は、この嘆きの壁聞いたことはあったものの、正直よくわかりませんでした。 Wikiを読むことで、これまでの歴史の流れを掴むことはできました。 ご参照に。 嘆きの壁 - Wikipedia

エルサレムのキリストの本拠地とも言える聖墳墓教会へ訪れてみた

イスラエルのエルサレムの街は、地域によって特徴が異なります。 歴史的には、以前はアラブ側が支配していたこともあり、ちょっと歩いてみると、 ガラッと雰囲気が変わります。

イスラエルの観光地エイラト〜エルサレムへと巡礼ではない旅行しました。

ヨルダンの紅海に面したアカバから国境を越えて、イスラエルの紅海に面した街 エイラトへとイスラエルへ入国。 https://ja.wikipedia.org/wiki/エイラート イスラエルへの入国は厳しいと聞いていましたが、特に 問題もなく入国することができました。

イスラエルのテルアビブでホテル滞在初日!

5月8日の月曜日にフランスのパリからイスラエルのテルアビブ空港へと 向かいました。 初のイスラエルへの入国。

トランプも訪れたイスラエルを始め、パレスチナ、ヨルダンへと約10日間の旅へ出る!

久々ともなる投稿となり、ここ最近も旅行に行っていたのですが、 時間とともに忘却しつつある。 そこでまずは、最近行った旅行先から改めて、ブログを再開してみます。 約1ヶ月前に、イスラエル・ヨルダンそしてパレスチナ自治区へと 旅行に行ってきました。