自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

モーセの墓があると言われているネボ山へ訪れたツアー。朝4時半集合、夜11時ホテル到着という過酷ツアー。

f:id:jpthingmr:20170603225526j:plain

ヨルダンの第2の遺跡がある街ジュラシュを立ち去った後、

しばらくヨルダンの寂寥とした、岩がごつごつした砂漠の景色を

見ていること1時間半ほど。

 

 

次の目的地へと到着しました。

 

 

場所は、モーセの墓があると言われている場所の、ネボ山です。

マタバという街から、西へ約10km離れた場所に位置しています。

f:id:jpthingmr:20170605174938j:plain

 

山の上からの景色は、日本ではまず見れないような、辺り一面

茶色の景色。

 

なんというか、自然の厳しさを見せつけられるというのか、

なんとも言えない気持ちにさせられました。

 

 

f:id:jpthingmr:20170605174935j:plain

 

ただ、不思議と所々に木や草などが生えているのが見ることができました。

明らかに水がない状態で、どうやって自生しているのか疑問ではありました。

 

 

 

 

f:id:jpthingmr:20170605175034j:plain

 

ネボ山には、モーセの記念碑が建てられていました。

未だにはっきりとモーセの墓がどこにあるかは、議論が続いているようです。

 

 

f:id:jpthingmr:20170605175029j:plain

 

ここから見る景色は、写真では見れませんが、左側に死海を見ることもでき、

遠くの方に旧約聖書で述べられた街などが見れました。

 

当時は、モーセもここから辺り一帯を見下ろしたのでしょうか。

 

それにしてもこういった旧約聖書の話に関係する場所を訪れると、

数百年の歴史というものは、最近だなと思ってしまいます。

 

 

以前は、パリはなんて歴史がある街なんだと思っていましたが、

旧約聖書になると今から、2千年以上も前の話となってしまいます。

 

こういった長い時間軸を体験できるのも、旅の面白さだと思います。

 

そんなことを思いながら、更に近くにあるアカバというモザイクで

有名な街へ訪れ、教会などを訪れました。

 

 

そして、本日の到着地のホテルへと向かい、到着したのが

夜の11時というとんでもない遅さ!!

 

朝出発が4時半集合で、到着が夜の11時というかなり過酷なツアー。

 

ちなみにこのツアー会社の名前が、Fun Time。

結構アメリカ人も自虐的にこのフレーズを使っていました。

 

 

ホテル到着後、みなで急いで夜ご飯を取り、就寝。

 

ヨルダンのペトラに次ぐ遺跡のある街ジュラシュへ訪れてみた。

 

f:id:jpthingmr:20170604210035j:plain

 

さて、ヨルダンに入国。

 

アメリカ人主体のツアーバスに乗り、まず向かった場所はジュラシュと呼ばれる、

ヨルダンの一番の観光地のペトラ遺跡に次ぐ、2番目に大きな遺跡がある

場所へと向かいました。

 

ジャラシュ - Wikipedia

 

前日からわかっていたものの、やはりヨルダンは暑く、

バスから降りたものの日差しがとてつもなく強く、長時間いると

間違いなく日射病になるほどでした。

 

f:id:jpthingmr:20170604205954j:plain

 

これはまずいと、あまりの暑さに、遺跡でものを売っている人に、

5ユーロで帽子を購入。

 

それにしても、ここに来て初めてジュラシュのことを知ったのですが、

かなり大規模な遺跡群であり、よくこれほどのものが残っていたなというのが、

率直な感想でした。

 

f:id:jpthingmr:20170604210056j:plain

 

今は人が住んでいないですが、2000年前に建てられたもののらしく、

当時は街が賑わっていたようです。

 

f:id:jpthingmr:20170604210111j:plain

 

 

 

f:id:jpthingmr:20170604210049j:plain

 

これほどの大きさのものは、ナポリポンペイを思い出させるぐらいの大きさでした。

 

f:id:jpthingmr:20170603225835j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170604210203j:plain

 

この広場は、集会が行われていた場所のようです。

この大きさから、当時の街の人口を推測したとかなんとか、ガイドの人が

英語で説明していました。

 

英語なので詳しくはわかりませんでしたが。。

 

 

f:id:jpthingmr:20170603225844j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170603225218j:plain

 

この人は後から来て、なぜか私たちと一緒についてきましたが、謎です。

 

f:id:jpthingmr:20170603225116j:plain

 

暑い中、どうにかこの階段を登り、最後にみんなで記念写真!

 

f:id:jpthingmr:20170603224903j:plain

帽子、水は必須です。本当に最後の方はくらくらしていました。

 

昼食はどこで食べるのかと思っていたら、ガイドの人がこの遺跡の近場の

お店でファラフェルとフムスのサンドイッチを人数分購入し、

昼食を食べながら、次の目的地へと向かいました。

 

 

冷房の効いたバス内は最高ですね。

 

 

 

 

 

テルアビブからヨルダンへ入国!この間に2回もボラれるというツアー旅行。

f:id:jpthingmr:20170603224903j:plain

イスラエル2日目。

 

これが後々振り返ると、一番ハードな日とも言えるのですが。。

 

朝3時半に起床、近くのホテルに早朝4時半に集合し、

本日はイスラエルからヨルダン旅行のツアーへ参加することに。

 

小型のバスに乗り込み、朝早くからバスに揺られながら、エルサレムへと

まず向かうものの、バスの中ではよく分からないイスラエル歌が終始流れ、

青いブラックライトでうっすらとバス内を包み込むという異様さ。

 

そこからしばらく走ること約2時間。

 

 

トイレ休憩があり、そこで運転手が国境を越えるための、ビザ代と

チップを含めて、50ドル(米ドル)を回収します。

 

 

という、わけのわからない説明を受け、乗ってる人一同全員から

不満の声が上がるものの、運転手は気にすることなく。

 

 

大勢の人がアメリカ人なので、こういったときは皆がつがつと

運転手に文句を言っていました。

 

アメリカ人を味方にすると頼もしいですね。

みな払っていたので、しょうがなく私も払い、イスラエルとヨルダンの

国境へと到着。

 

 

 

ヨルダンへは簡単に入国し、そこからバスで移動しヨルダンツアーを

するのだと思い、みな乗り込み、運転手に値段を聞くと。

 

 

約2ドルとのこと、さすがにヨルダンは物価が安いな!!

と感心したのもつかの間、バスで走ること約2分。

 

 

実は、今度はヨルダンの入国審査があり、ここで下ろされました。

ここでは多くの人が、不平不満を言う以前に、まさか乗車2分間

だとは思いもせず、ぽかんとしており、狐につままれた感じでした。

 

 

 

後々、状況がわかり、これまた私たちはさっきのはなんだったのだと、

不平不満。

 

 

ここからツアーガイドが代わり、ヨルダン人のガイドさんになり、ガイドさんが

用意したバスに乗り、ヨルダンの旅行へと行ったのでした。

 

 

この短時間に2回もボラれ、とんでもない国だ!!という印象を強く

持ったイスラエル

 

この間写真を一度も撮ることがなかったので、みなでボラれた

ツアーの人の写真掲載。

イスラエルのテルアビブでホテル滞在初日!

f:id:jpthingmr:20170603223217j:plain

 

 

5月8日の月曜日にフランスのパリからイスラエルのテルアビブ空港へと

向かいました。

 

パリの空港はいくつかあり、多くの日本人にとっては、CDG空港が馴染みが

あると思いますが、私はそれとは別のオルリー空港から出発のため、

オルリー空港へと向かいました。パリの郊外の南に位置するオルリー空港

 

前日にフランスの新大統領が決まり、フランスの新たな歴史の幕開けの

翌日でした。

 

その為か、どうもセキュリティーが厳しく、これまでも何度もオルリー空港

使ったことがあるのですが、今回が一番セキュリティーが厳しく、

荷物チェックの時も、係りの人が荷物の中身を厳重にチェック。

 

バックに入っていた本もめくるほど。ISILのマークのようなものを探して

いたのでしょうか??

 

更には、イスラエル行きの連絡窓口では、多くの人が普通に通っている中、

私だけ呼び止められ、さらに厳しくチェックされました。

ポケットティッシュの中まで!

 

 

どうにか飛行機に乗り、約4時間半のフライトをして、遂にテルアビブへと

到着。以外にも時差は1時間早いだけで、そこまでの変化もなく楽チンでした。

 

次にイスラエルはセキュリティーが厳しいと地球の歩き方でも載っていたので、

フランス以上に厳しいのだろうと予想していたものの、

 

 

あれ?とかなりゆるく、通過することができました。入国審査では、

これからどこへいく?どのホテルに泊まるか?などは聞かれ、最後に

パスポートにスタンプが押されることなく、別の自分の写真などが

印刷された紙が渡されました。

 

 

これがスタンプの代わりだそうです。

 

さて、いざ入国。やはりイスラエルだけあって、ユダヤ人と思われる人が

多い。というのも、ユダヤ人特有の頭に小さいハットのようなものや、

独特のヒゲ、そして結構暑いのに黒いスーツで全身に身にまとっている人が

多数いました。

 

 

 

これぞイスラエルだなと!

 

 

 

そして予約したテルアビブのホテルまで、空港から電車に乗り、最寄駅で

乗り換えて、バスへと乗車。

 

それにしてもここのバスの運転手の運転がとてつもなく荒く、過去最高の

ドライブテク。

 

信号が青になったら、いきなりアクセルをぐいっとあげ、信号が赤になると

激しくブレーキを踏み、バス内で立っているのが相当困難でした。

 

また、イスラエルは言語がヘブライ語であり、バス停の表記がどれも

ヘブライ語で書かれており、全く読めませんでした。

 

どうにか最寄のバス停へ到着し、ホテルへチェックイン。

 

ホテルの近場で、中東料理のフムスを食べ翌日に備えることに。

 

トランプも訪れたイスラエルを始め、パレスチナ、ヨルダンへと約10日間の旅へ出る!

f:id:jpthingmr:20170603013119j:plain

久々ともなる投稿となり、ここ最近も旅行に行っていたのですが、

時間とともに忘却しつつある。

 

そこでまずは、最近行った旅行先から改めて、ブログを再開してみます。

 

約1ヶ月前に、イスラエル・ヨルダンそしてパレスチナ自治区へと

旅行に行ってきました。

 

最近のニュースではアメリカの大統領のトランプがエルサレムに訪れ、

嘆きの壁を訪問していた話題の場所とも言えます。

 

www.cnn.co.jp

 

イスラエルには、昔から行ってみたい国の一つでした。

歴史、宗教、戦争などの観点からイスラエルは様々な問題を抱えており、

是非一度この目で見たいなと思っており、また歴史好きの私にとっても

とても歴史がある場所で、そもそも旧約聖書でも重要な

場所でもあるこのエルサレムですので、早く行ってみたいものだと

思っていました。

 

以前から行きたいと思っていたのですが、地図を見てみるとかなりシリアに

近く、果たして大丈夫なのだろうかとという疑問は常にありました。

 

ただ、危険度で行ったらば今住んでいるパリの方が危ないとも言え、

行った人の話を聞くととても安全な場所だとことから、2017年5月の初旬に

約10日間のイスラエル・ヨルダン・パレスチナの旅をしてきました。

 

次のブログから、詳細について書き記していきたいです。

 

これらの国へ旅行で行く人へ、少しでも参考になればと思いました。

 

フィレンツェに滞在半日、ナポリの地へ再び!ナポリの方が旅行オススメです。

f:id:jpthingmr:20170309053745j:plain

 

フィレンツェに到着した翌日の朝、少し散歩し、今日は

どこを観光しようか考えていたものの、

 

 

常に違和感のようなものが、要はしっくりこない!

ナポリのあの温暖な、ザ・イタリアという感じがなく、

少し上品であり、フランスに通じるものがあるフィレンツェに対して、

物足りなさを感じました。

 

f:id:jpthingmr:20170309053809j:plain

 

初めてフィレンツェに来た時は、これがイタリアか!!と

感動したのですが、今回はいまいち。

 

 

そこで、急遽再び、ナポリへと戻ることにしました。

あの温暖で陽気な、ナポリ。。。

 

フィレンツェの滞在時間は、約半日のみとなりましたが、

車でナポリへと戻りました。

 

 

さて、ナポリへと到着。

初めて来た時は、しょっちゅうクラクションがなり、恐る恐る

運転していましたが、結構なれました。

 

ホテルに車の駐車場がある場所を予約したので、車の駐車する場所も

心配することなし。

 

 

 

さーてナポリ

まずは、ナポリ名物のピザを購入。

 

f:id:jpthingmr:20170309054108j:plain

値段は2ユーロ。信じられない値段です。

 

今日は食べ歩きしてやろうかと思っていたのですが、

ピザだけで満腹になってしまい。

 

 

しばらくナポリの街をぶらぶら散歩。

 

 

ポツポツと雨が降ってきてしまい、ちょっとまだ

食べれそうだなと、イタリアのレストランに入ることにしました。

 

 

お店は閉店まじかなのか、1組のグループが帰り支度を

するタイミングでした。

 

 

お客は、自分だけとなり、なんだか少し気まずい感じがしましたが。

パスタをオーダーし、食べることに。

 

味は、まー普通でしたが、値段は安く、ナポリの普通の

食事はこんなものかと体感できました。

 

 

デザートも食べ、会計しようかとしていましたが、お店のおじさんが、

飲むか?と訪ねて、レモンチェロをくれました。

 

こういったことは、旅をしていると本当にいい思い出です。

 

 

 

これぞイタリア!

おじさんと乾杯し、レモンチェッロをがぶりっと祝杯。

 

ナポリへ戻ってきてよかったなーと思える1日でした。

 

シエナ→トスカーナのフィレンツェへと向かうイタリア旅行〜その19〜

イタリアのフィレンツェへ向かうべく、シエナからさらに北へと向かうことに。

次に訪れた街は、 サン・ジミニャーノ

 

f:id:jpthingmr:20170120073319j:plain

 

この街も世界遺産として認定されており、当時は最大70ほどの塔が作られており、

塔こそが権力の象徴だったようです。今では、いくつかの塔が残っていますが、

 残った塔からもその当時の気分に浸ることができます。

 

f:id:jpthingmr:20170120073336j:plain

以前は、街の中心だった広場、今ではなんだか少し哀愁を感じさせます。

 

f:id:jpthingmr:20170120073502j:plain

 

こちらが広場近くの塔。

 

 

 

f:id:jpthingmr:20170120073528j:plain

街の色が統一されており、丘の上に街があるので、街はのんびりしたような雰囲気

です。それにしても、どこへ行っても中国人がおおいなー

 

 

f:id:jpthingmr:20170120073645j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170120073745j:plain

この地方のワインを購入し、街を探索したのちに、フィレンツェへと向かいました。

 

 

サンジャミナーノから約2時間ほどかけて、トスカーナ地方のフィレンツェへと

到着。さすがに都市であり、栄えており車の交通量も多かったです。

 

このフィレンツェは、今回が2回目でした。

以前来た時は、初めてのイタリアでテンションマックスだったのですが、

今回はイタリアにどっぷりと浸かった旅のためか、

なんだか気持ちが盛り上がらない。。

 

イタリア旅行燃え尽き症候群なのかな・・

 

まずは、以前フィレンツェ旅行へ行き、5つ星ホテルの受付の

人に勧められたお店を探し、そこで夕食をとることにしました。

 

f:id:jpthingmr:20170120073539j:plain

 

www.tripadvisor.jp

こちら、行くと多数の観光客。アジア人も多かったのですが、

観光本などに紹介されているのでしょうか。

 

日本人もいました。

 

f:id:jpthingmr:20170120073726j:plain

f:id:jpthingmr:20170120073332j:plain

このお肉、トリフが上に乗っけてあり、とてもおいしいー!と思っていましたが、

これ実は白トリフだったんですね。気づきませんでした。

 

f:id:jpthingmr:20170120073338j:plain

このレストラン昔からあるようですが、お店の人もいかにもイタリア人

という感じで、テンション高くて良かったです。

 

f:id:jpthingmr:20170120073722j:plain

 

そのあとに、フィレンツェのドーム広場などに行ったのですが、

全然感動せず〜イタリアの観光地見すぎたのでしょうか・・

 

 

あーあの陽気で暖かい、ナポリが恋しくなってしまいました。

特に11月の初旬のフィレンツェは、とても寒く夜も歩いていると、

終始寒く、どこかのお店へ入らないと、厳しい寒さでした。

 

本日は、少しフィレンツェの街を散歩し、就寝することに。