自ずと道はbonheur〜♪

パリで生活し、自分でビジネスを切り開くべくそんなことを備忘録がてらブログに投稿しちょります。

エルサレムとパレスチナを歩き、旅した

f:id:jpthingmr:20170721045233j:plain

 

エルサレムの旧市街は、訪れる場所がメインだけを見るならば、2日あれば

十分と本に記載されていたりしますが、結構見どころは多いです、

 

 

f:id:jpthingmr:20170721045243j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721045432j:plain

 

この2枚の写真の場所は、ヴィア・ドロローサと呼ばれる通りがあり、

この通りはイエス・キリストが十字架を背負って、ゴルダゴの丘まで

歩いた道を示しています。

 

f:id:jpthingmr:20170721045550j:plain

 

これはホテルのレストランからの日が沈む前の、エルサレムの風景。

 

f:id:jpthingmr:20170721045848j:plain

 

こちらが夜になった時の景色。

 

f:id:jpthingmr:20170721050012j:plain

 

旧市街の趣がある雰囲気と、現代の建物が入り混じる不思議な景色。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721050132j:plain

 

昼食で食べた、イスラエルの料理。

 

f:id:jpthingmr:20170721050221j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721050416j:plain

山からエルサレムを見渡した景色。

 

f:id:jpthingmr:20170721050447j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721050638j:plain

 

イエス・キリストが昇天したと言われる場所。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721051047j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721050826j:plain

 

エルサレムを山側から見ると、この金の玉ねぎがやはり目立ちますね。

 

f:id:jpthingmr:20170721051314j:plain

 

これが新約聖書でも出てきたオリーブの木

現在も残っており、かなりがっしりとしたオリーブとなっている。

 

f:id:jpthingmr:20170721051445j:plain

 

ここで最後の晩餐の後、イエスが祈りを捧げた場所でもあり、

ユダに裏切られ、捕らえられた場所とも言われています。

 

f:id:jpthingmr:20170721051609j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721051756j:plain

 

こちらが聖母マリアの墓があるとされている場所。

 

f:id:jpthingmr:20170721051912j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721052016j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721052234j:plain

 

写真の奥にあるうっすらとした細い線のようなものが、

イスラエルパレスチナ自治区を隔てている壁。

 

f:id:jpthingmr:20170721052416j:plain

 

エルサレムの旧市街の外壁から、外側の景色。

日本の景色とは、全く異なる住宅群。

 

f:id:jpthingmr:20170721052512j:plain

 

やはり雨の降る量が少ないせいか、屋根が日本のように斜めではなく、

平べったくなり、全体として長方形型の建物が特徴的です。

 

f:id:jpthingmr:20170721155838j:plain

f:id:jpthingmr:20170721160212j:plain

 

こちらが、エルサレムの一番大きな市場。

魚、肉、野菜、とりわけ果物が美味しそうに感じました。

 

f:id:jpthingmr:20170721161113j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721160325j:plain

 

エルサレムパレスチナとの戦争時の、防衛戦となった跡地。

歴史がそこまで古くなく、銃弾の後が多数あり。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721160513j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721160610j:plain

 

この倉庫の周りには、多数の銃弾後。

 

 こんな感じで、エルサレムは本当に訪れる場所が多い!

そう実感した、旅行でした。

 

 

また、政治・宗教的にも未だに問題があり、

この一週間後にアメリカ大統領のトランプがイスラエル

訪れ話題にもなっていました。

 

21世紀のイスラエルパレスチナはどうなることなのか、

まずは一度訪れてみるべきですね。

 

f:id:jpthingmr:20170721160416j:plain

 

パリへ帰る途中の風景。

 

エルサレムの宗教問題から切り離すことのできない神殿の丘、すなわちエルサレム神殿を訪問

f:id:jpthingmr:20170721042159j:plain

 

エルサレムの訪れるべき場所は本当に多数ある。

歴史的にも古い町であり、現代でも問題を含んでいる町でもある。

 

 

さて、エルサレムの街を散歩すると、旧市街の道幅が狭いことがわかる。

 

f:id:jpthingmr:20170721042257j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721042426j:plain

 

ついつい寄ってしまう、聖墳墓教会

 

f:id:jpthingmr:20170721042904j:plain

 

パンの無限供給現代バージョン。

 

f:id:jpthingmr:20170721043000j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721043109j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721043250j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721043505j:plain

 

様々な教会を訪れてみた。

 

f:id:jpthingmr:20170721043630j:plain

 

ここはダビデの墓があるという、ユダヤ人にとっては特別な場所。

 

f:id:jpthingmr:20170721043737j:plain

 

旧市街の外側の景色。

 

f:id:jpthingmr:20170721043835j:plain

 

外側から見た旧市街の外壁。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721043929j:plain

 

そして、こちらがイスラム教にとって大切な場所でもあり、

ユダヤ教にとっても、重要な聖地。

 

そして、これが現代の宗教問題の根源とも言える場所。

 

f:id:jpthingmr:20170721044410j:plain

 

こちらが、エルサレム神殿

エルサレム神殿 - Wikipedia

 

ソロモン王によって建設された神殿場所であり、

その後、バビロニア及びローマ帝国によって破壊されました。

 

さらに、のちにムハンマドが昇天した場所としても、知られており、

イスラム教にとっても、この場所は聖地となっています。

 

f:id:jpthingmr:20170721044026j:plain

 

そのため、現在はイスラム教によってこの場所が支配されているため、

ユダヤ教にとっては立ち入り禁止となっています。

 

f:id:jpthingmr:20170721044234j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721044253j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721044515j:plain

 

そして、この場所は半ズボンでは入ることは禁止されており、

私もこの暑い中、長ズボンで歩くわけもなく、当然。。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721044613j:plain

 

 

こんな格好で入場することになりました。

 

f:id:jpthingmr:20170721045028j:plain

 

この場所は、複雑な場所でもあり、一度は訪れる場所ですね。

 

パレスチナ自治区の聖地・イエスキリストが誕生したとされる、降臨教会を訪問

パレスチナ自治区でも、とりわけ有名な場所はイエス・キリスト

生まれた場所と言われている、ベツレヘムを訪れました。

 

このベツレヘムの降誕教会は、当然訪れるべき場所でもあり、

多くの観光客が列をなしていました。

降誕教会 - Wikipedia

 

 

f:id:jpthingmr:20170720213259j:plain

 

 

やはり聖地なだけあり、多数の偶像物があり、豪華絢爛でした。

 

f:id:jpthingmr:20170720213311j:plain

 

とりわけキリスト教の信者にとっては本当に特別な場所であり、

イスラエルパレスチナ自治区へ来なければ見れず、このために来る人も多いことが

伺えます。

 

f:id:jpthingmr:20170721034409j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721034604j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721034442j:plain

 

これが降臨教会から見た景色であり、色は肌色の町というイメージ。

 

パレスチナの道端にある植物も、生命力に漲っており、思わず写真撮りました。

f:id:jpthingmr:20170721034448j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721034347j:plain

 

その後、降臨教会を後にした後、イスラエルパレスチナ自治区

隔てている壁を見に行きました。

 

f:id:jpthingmr:20170720213225j:plain

 

これはパレスチナ側の壁となり、多くのストリートアートが描かれており、

様々なメッセージが含まれいます。

 

 

f:id:jpthingmr:20170720213203j:plain

 

この正面のアートは強烈なメッセージとも言えるのではないでしょうか。

 

この壁というもは、早くなくなり、国境間の問題をなくしてほしい、

ベルリンの壁崩壊のような、そんなことが起こればいいのではと思います。

 

イスラエルパレスチナ自治区を実際に目にして思ったことは、

経済力の差が圧倒的に大きいなと思ったことです。

 

これだけの経済格差があると、やはりパレスチナは厳しいな・・

そして、経済力は軍事力と同様の力があることが印象として受けました。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721035518j:plain

 

 

パレスチナ自治区から、エルサレムへと戻り、夕暮れ時を

散歩しました。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721040207j:plain

 

日が沈み、観光客の数も途絶えると、静かな路地が伝統に照らされて、

存在していました。

 

そして、多くの猫たちが我が物の道であるかのように、たくさんいました。

 

f:id:jpthingmr:20170721035527j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721035634j:plain

 

お腹が空いたので、夜ご飯を食べることに。

イスラエル、フムスやファラフェルは手頃な値段で食べれるのですが、

レストランともなると結構な値段になってしまうんです。

 

f:id:jpthingmr:20170721035602j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721040153j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170721040212j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170721040200j:plain

 

こんな感じで、どれも美味しくいただきました。

 

 

f:id:jpthingmr:20170721040201j:plain

 

メインの大通りは多くの観光客で賑わっており、ここは本当に聖地と言われる

場所かと疑ってしまいますね。

 

パレスチナ自治区の荒野の誘惑・死海・最古の町エリコを訪れてみた

f:id:jpthingmr:20170720213203j:plain

 

エルサレムへ訪問すると、必ず言っておきたいパレスチナ自治区

 

エルサレムパレスチナ問題は、宗教的、歴史的、地理的な要因から、

複合的な問題を孕んでおり、直接訪れることは、私たちに重要なことです。

 

 パレスチナ自治区と聞くと、危険なイメージを抱くかもしれませんが、

入国自体はできます。

 

f:id:jpthingmr:20170713163035j:plain

 

私は、エルサレムにあるツアー会社に申し込んで、パレスチナ自治区

ツアーというものに参加しました。

 

まずは、イエス・キリストが悪魔に誘惑を受けた場所と言われる、聖書の中でも

有名な場所へと向かうことに。

 

誘惑の山は、パレスチナのエリコという町近くに位置しています。

f:id:jpthingmr:20170713163005j:plain

 

途中、バスの休憩場所に立ち寄ったのですが、そこには何匹もの

クジャクがいました。

 

f:id:jpthingmr:20170713162926j:plain

 

思わず、美しくパシャりと写真。

 

こちらが誘惑の山です。

 

f:id:jpthingmr:20170713163123j:plain

 

エスが瞑想をしたとされている場所には、現在は修道院

建てられ、そこで瞑想行を行っているのでしょうか、キリスト教にとっては

とても意味のある場所です。

 

 

f:id:jpthingmr:20170713163121j:plain

 

そこから少しバスで移動し、エリコの昔存在していた、場所を訪れました。

 

このエリコ、旧約聖書でも記されている場所でもあり、とても歴史が深いのです。

 

エリコ - Wikipedia

 

f:id:jpthingmr:20170713163034j:plain

 

紀元前8000年前に集落があったとされ、世界最古の町とも言われています。

f:id:jpthingmr:20170713184505j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170713184425j:plain

 

 

そこから、次に向かったのが、写真のある木の場所です。

f:id:jpthingmr:20170713184454j:plain

 

私はキリスト教ではないので、詳しくはわかりませんが、

こちらの木も聖書で出てきた木だとのことです。

 

パレスチナ自治区旧約聖書及び新約聖書と深く関わりのある場所

であり、とても歴史が深い場所。

 

そして、未だにイスラエルパレスチナ自治区では様々な問題が含まれた

場所でもあり、今後平和的な解決が望まれます。

 

次に向かったのが、こちら。

 

f:id:jpthingmr:20170713184354j:plain

 

この写真が死海です。

 

実際に泳いでみましたが、本当に浮いてしまいます。

そして、少し死海の海水を舐めたのですが、あまりに

塩分が濃くて、舐めることも困難なぐらい、濃い塩水でした。

 

それにしても、簡単に浮いてしまうので空を飛んでいるような、

不思議な感じでした。

 

エルサレムの嘆きの壁へ訪問後、安息日に突入!これぞユダヤ国家

 

f:id:jpthingmr:20170713061129j:plain

 

こちらイスラエルエルサレム嘆きの壁の前です。

 

私は、この嘆きの壁聞いたことはあったものの、正直よくわかりませんでした。

Wikiを読むことで、これまでの歴史の流れを掴むことはできました。

 

ご参照に。

嘆きの壁 - Wikipedia

 

ということで、この嘆きの壁の奥にあったエルサレム神殿は、

ユダヤ人にとっても、またイスラム教にとっても重要な場所であり、

従って宗教的な問題から避けては通れない場所とも言えます。

 

f:id:jpthingmr:20170713061123j:plain

 

この嘆きの壁で、観光客も壁に触ることができるので、触ってみました。

 

f:id:jpthingmr:20170713063236j:plain

 

 祈る場所は、男女分かれており、多くのユダヤ人の信者が熱心に

祈っていました。

 

f:id:jpthingmr:20170713063302j:plain

 

 こちらが男性側。

 

f:id:jpthingmr:20170713063249j:plain

 

 こちらが女性側。

 

私が旅行した翌週には、トランプ大統領もここに訪れていました。

 

嘆きの壁を訪問した日は、金曜日の夕方でした。

金曜日の夕方の日没から、ユダヤ人にとっては安息日ともなり、

完全に仕事をしてはいけない時間帯の突入です。

 

 

f:id:jpthingmr:20170713063237j:plain

 

日没になると、ほとんどの店が閉まり出し、多くのユダヤ人がシナゴークへと

ユダヤ教によって決められた服装をして向かっていました。

 

このような宗教的な習慣をしっかりと国として守られているのも、

イスラエルの特徴とも言えます。

 

 

とは言っても、21世紀のこの時代だから、夕食ぐらい簡単にお店を

見つけて食べられるだろうと思っていましたが、本当にほとんどの

お店が閉まって、びっくりでした。

 

イスラエルに行く際は、安息日のことは忘れない方がいいですね。

 

 

エルサレムのキリストの本拠地とも言える聖墳墓教会へ訪れてみた

f:id:jpthingmr:20170711190222j:plain

 

イスラエルエルサレムの街は、地域によって特徴が異なります。

f:id:jpthingmr:20170711181207j:plain

 

とりわけ旧市街は、観光向けのお店が多く、お店が密集しています。

話している言語も、アラビア語もしくはヘブライ語の2言語が主流です。

f:id:jpthingmr:20170711181507j:plain

お腹が空いたので、昼食を取ることに、

 

f:id:jpthingmr:20170711181211j:plain

 

フムスとファラフェルを食べました。やはりイスラエルも中東の国ということで、

アラブ系料理のお店が多数ありました。

 

安い値段で気軽に食べれるのでいいですね。

 

f:id:jpthingmr:20170711181251j:plain

その他、アラブ系のお菓子も街を歩いていると多く見かけました。

 

f:id:jpthingmr:20170711181240j:plain

 

次に向かったのが、キリスト教にとってエルサレムで最も大切な

場所である聖墳墓教会へ足を運びました。

 

聖墳墓教会 - Wikipedia

 

この聖墳墓教会、以前ここにゴルゴダの丘があった場所とも言われている場所です。

つまりは、ここでイエス・キリストが十字架に架けられ、

一度亡くなった場所でもあり、またこの近くに墓もあります。

 

f:id:jpthingmr:20170711181649j:plain

 

 

つまりは、かなりのパワースポットとも言え、私はクリスチャンでは

ないですが、それでも一度は足を運んでみたい場所でもあります。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711181727j:plain

 

 当然多数の観光客が訪れています。

 

f:id:jpthingmr:20170711181741j:plain

 

 この教会の中は、各宗派によって保管している領域があるようで、

ここは何々派、ここからは何々派とあるようです。

 

f:id:jpthingmr:20170711181723j:plain

 

この辺りで香油をかけた場所であり、近くに壁画があり、すぐ近くに実際に

使われたとされる板もありました。

 

f:id:jpthingmr:20170711181812j:plain

 

多くの信者の人が、触れています。

 

f:id:jpthingmr:20170711182304j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182208j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182328j:plain

 

様々な装飾が施された壁画、床、そして石版のようなものがありました。

f:id:jpthingmr:20170711181759j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711182320j:plain

 

そして、これがキリストの墓と言われている場所です。

 

f:id:jpthingmr:20170711190246j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190136j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190224j:plain

 

以前はこの墓の中に入ることができませんでしたが、近年になって

公開されたようです。

 

 

そのため、多くの人がこの墓に訪れており、入るのに待つ必要があります。

 

f:id:jpthingmr:20170711190306j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711190802j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711190847j:plain

 

やはり信者にとっては、ここは本当に大切な場所であり。

中には何か必死で頼みごとをしている人や涙を流している人もいました。

 

f:id:jpthingmr:20170711190925j:plain

 

 

f:id:jpthingmr:20170711190933j:plain

 

 

一通り見てから、教会を出てみると、すぐ近くにはイスラム教のコーラン

呼びかける塔が目の前にあり、これほどにも近くにあり驚きました。

 

f:id:jpthingmr:20170711190755j:plain

 

エルサレムは宗教問題とは切っても切れない場所でもあり、

その一端をこの図からも読み取ることができました。

 

 

エルサレムは、やはり一度は訪れる場所だと思った次第です。

イスラエルの観光地エイラト〜エルサレムへと巡礼ではない旅行しました。

f:id:jpthingmr:20170711040529j:plain

ヨルダンの紅海に面したアカバから国境を越えて、イスラエルの紅海に面した街

エイラトへとイスラエルへ入国。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エイラート

 

 

イスラエルへの入国は厳しいと聞いていましたが、特に

問題もなく入国することができました。

 

国によって本当に経済力が違うのだなということが、エイラトで感じました。

まるでここはモナコかというほど、街が高級感に包まれており、バカンスの

街という雰囲気でした。

f:id:jpthingmr:20170711040722j:plain

写真は疲れており、あまり取ることはできませんでしたが、

豊かな街でした。

 

 

 

そこでしらばくビーチでのんびりした後に、イスラエルのメインでもある

エルサレムへとバスで向かいました。

 

エルサレムへ到着したのは、深夜でした。

しかしながら、街には多くの人々がお酒を飲みながら楽しんでおり、

ここはどこだ?

 

東京か?と思わせるような活気でした。

 

さて、翌日のエルサレム

 

f:id:jpthingmr:20170711041537j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711041518j:plain

 

 

宗教の聖地とも言える場所なのに、なんだか都会ちっくというか、

思い描いたエルサレムと全然違う。。

 

f:id:jpthingmr:20170711041418j:plain

 

しかし、そこは新市街ともあり割と新しいものがたくさんあるような場所。

しばらく歩くと、このように旧市街の周りをかっこている壁があり、

ここからが旧市街。

 

f:id:jpthingmr:20170711041401j:plain

 

f:id:jpthingmr:20170711041240j:plain

 

まずは訪れた良いと書かれていた、ダビデの塔を訪れました。

この建物は、紀元前20年にヘロデ王が城を守る城壁として作られたそうです。

 

今では、エルサレムの歴史を示す博物館となっています。

ここから見るエルサレムの景色は美しく、眺めを見るために登るのも素敵です。

 

http://www.cool-world.net/Israel/spot1/120/

 

 

f:id:jpthingmr:20170711041441j:plain

これが塔からの新市街方面の景色。

 

f:id:jpthingmr:20170711041655j:plain

こちらがダビデの塔の建物内。

 

f:id:jpthingmr:20170711165936j:plain

 

新市街の別の角度。こんな景色です。

 

f:id:jpthingmr:20170711165939j:plain

 

街は新しい建物と古い建物が一緒に混じっています。

 

f:id:jpthingmr:20170711170054j:plain

 

これが旧市街側の景色。金色の玉ねぎ色が、イスラム教の聖地でもあり、

以前はユダヤエルサレム神殿があった場所です。

そして左側に位置している塔のあたりに、聖墳墓教会があります。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711165815j:plain

 

これがイスラエルの国旗。

 

 

f:id:jpthingmr:20170711165918j:plain

 

ネットなどでユダヤ人は実は日本人の祖先ではなど、囁かれていますが、

そのうちの一つの菊の紋章が使われているのも、理由に挙げられていますが、

バッチリとありました。

 

個人的には、実は日本人がユダヤ人とも繋がっていたという方が、

ロマンがあって面白いですね!

 

そして、なんとなくユダヤ人に親近感も。