自ずと道はbonheur〜♪

写真を中心にパリの出来事、旅、備忘録を含めた写真家ブログ

パリの3年間の生活から、日本に戻ってきました

パリから東京の直行便で日本に戻って来ました。

 

飛行時間は約12時間。

機内では映画観て、食事して、寝ていたら

あっという間に時間が経過。

 

直ぐに日本に到着してしまいました。

さっきまでパリにいたのに、

気づいたらもう東京。

続きを読む

フランス出国当日

パリを出国する当日。

 

まだまだ日本に戻るなんて実感もなく、

明日になれば、またこれまでの日常の

日々が続くものだと思ってしまいます。

 

今日の夜20時には飛行機に乗り、

直行便で東京へと向かいます。

 

そして、日本での生活が始まろうとして

いる、ようです。。

続きを読む

もうすぐパリを離れることになります

いよいよパリ滞在も残り3日目となりました。

 
 
自分がまさか日本に戻るなんて、
2日目まではいまいち実感がわかなかったものの、
日本行きの航空券を購入し。
 
引っ越し会社が家に来る曜日が確定したことで、
どうやらこのパリを離れるんだと確信しました。

友人が国籍を変えると言って驚いたこと

昨日も中国人の友達と食事をしていました。

 

彼とは2年前にフランスの語学学校で知り合い、

定期的に会っている仲でした。

 

半年ぶりに会い、

最近の近況報告をしていると、

 

今年からパリの中国系の企業で働いている

ようで、以前は親から仕送りも

もらっていたけれども、今は自分で

生活をしているようです。

 

続きを読む

日本も英語を公用語に

イギリスの大学院の結果がまだ来ていないため、

昨日大学に電話してみました。

 

映画やドラマで普段聞き慣れているのは、

アメリカ英語のせいか、

イギリス英語は、非常に聞きづらいです。

昨日も電話先で、度々何を言っているのか

わからず、Sorry?を連発していました。

続きを読む

大学院の結果待ち

もうすぐパリを離れるので、

友人の家に招かれたり、家に人を

呼んだりしています。

 

パリ滞在3年と言う月日は、

振り返ればあっという間ですが、

一通りやったなと言う感じもします。

 

3年と言う周期は、何かの区切りとして

一通りの期間なんだと思います。

続きを読む

『俄』生き方に勇気を与えてくれる本

中学生の頃、初めて司馬遼太郎氏の

国取り物語を読んでからと言うもの、

この作者の本はほとんど読んだような気がします。

 

 

俄―浪華遊侠伝 (講談社文庫)

俄―浪華遊侠伝 (講談社文庫)

 

 

パリに来る時も、司馬遼太郎氏からの本を何冊か

必要だと思い持ってきた本を、引越しの準備中に

久々に目に触れて読み出しました。

 

この本はパリでも2回は読み直しており、

既にこの本4、5回読んでいます。

 

続きを読む

受け取り上手になる

最近、友達と食事をしたり、会ったりすると

子供の誕生祝いにプレゼントをもらったり

祝福される機会が多いです。

 

昨日も、久々に会った友人とその奥さん

と中華のレストランで食事をしました。

 

レストランで会った時に、子供用に

プレゼントをもらいました。

続きを読む

外に出ると自分が日本を知らないことがわかる。そして今後の展望

日本に旅行に行った海外の友人と話すと、

結構日本の各都市を訪れ数週間滞在する

スタイルで日本を旅行する人がいます。

 

写真学校のフランス人のおじさんは、

今韓国の釜山に渡り、これから船で

福岡に行き、そこから自転車で京都まで

行くプランを実行するようです。

 

かなり酔狂なプランだと思います。

もう実行している最中です。

続きを読む

寿司外交

昨日、寿司を人生の中で過去最高に

作りました。

 

炊飯器も2回炊き、合計6合のお米を

準備し、せっせと寿司を握っておりました。

 

海外では日本人が寿司を作り、

それを振る舞うだけでも、

効果大です。確実に喜ばれます。

続きを読む